シリウス・峠のランプ 大天使ウリエル

 地球上の全ての生命体が、安心して、健康で、楽しく、幸せに暮らす地球になるのが遅すぎてイヤになった。NESARA知らない人もまだいるみたいだしね? で、ブログ始めることにしました。 草々。 2017.8.4.ウリ.

高レベル放射性物質、使用済み核燃料を無害化する技術を提供する会社についてと前置き。

 先日、国が使用済み核燃料の埋立地を探しているという候補地の絵つきツイを見かけ、

モーーッ#…アホかッ!ドアホッ!狂人っ! 何度かAmoTerra社(http://www.amoterra.ca/)のことツイったじゃんかと。

で、アモテラ社のこと、“次元「超」突破 パラレル地球/別名5次元はもうできている”からもう一度今度は、ブログにUpすることにしました。

 その前に前置き。長い?…?

 以下、前置き↓

 ―― これは、とあるある日の、国会議員勉強会の場面です。 ――

アマテラ:闇の権力…アメリカ西海岸におドろしいクラブボヘミアングローブある…両党員、行ってて密談…トップはサンヘドリン、13人委員会…誰が大統領になっても一緒…コレコレシカジカ…コレコレシカジカ…コレコレシカジカ…

 …(時は流れた)…

 何かご質問、ありますか?

 ( ハ~ィ♪ ハ~ィ♪ ハ~ィ♪ ぴょんぴょん ぴょんぴょん )

 はい…じゃ~ぁ……そこのオウムノモト代さん。

モト代:あの~ぉ…闇の権力って何ですか?

アマテラ: ・・ …何でぇ~っ?…今サンザンしゃべったとこじゃん聞いててくれました?

それし、私の本、読んで下さいねとお伝えしましたでしょ~ぉ?

ちなみにモト代さんはどういったものをお読みになるの?

モト代:はい聞いてたんですが、国会の時と同じで原稿のフリガナを目で追うのが忙しくて…単語の意味を理解してる訳じゃなくて…前、言ったことと違うこと答弁していても気にならない…てか自分一族の安寧が一番大事であり、無になってますから、責任感も無いんですはい。スピで言う今を生きる、毎日新しい自分ってやつですかね? そんな感じでサンヘドリンて何? 今晩「天ぷら」食べよっとか、自分に集中してたらいつの間にかお話、終わってて…

どんなものを読むかって? そうね~ぇ…ビーム兵器で攻撃されたかもだし、洗脳されてる気がしんでもない日本会議や学会とか集まりが忙しいし、本は嫌い、読まないです! 聖教新聞ぐらいかな?

アマテラ:そうか~ぁ…ガっかい…

落ちがあまい?

そうだラ~ぁ…でも急降下だと上がるのえらいラっ?

これでも時間かかっただよぉこれでいいにする。これで良し。

以上、前置き終り。

以下、アモテラ社(AmoTerra)について、“次元「超」突破” エハン・デラヴィさんと中丸薫さんの共著より抜粋↓。

デラヴィ:今日は(2012年)8月3日、金曜日です。私たちは、現在、とんでもなく美しい場所に座っております。雲一つなく、気温は23~24度。

…今回、私たちがここにいる目的について読者の皆さんに話してもいいと思いますので、まずその流れを教えてください。…中略…

中丸:シンポジウム…一緒にやった仲間がロンドンにいて…「福島は大変でしたね」ということになった。「実は、その福島で皆さんが受けた放射能を一気に取り除く方法があるのですよ」と。 …略… パウダーにする過程でも全部放射能が取り除かれて、パウダーになったものは資源としてまた使えるというお話なので、「ぜひそれを教えてください。連絡してね」ということで帰ってきました。

 回り回ってカナダから連絡があって、…中略…

デラヴィ:…開発した新しいテクノロジーは、放射能だけではないのです。オイルも含めていろいろな汚染物をクリーンにするというとてもシンプルなものであり、その開発者が亡くなったという話です。残念ながら亡くなったけれども、その奥様は頑張ってそのプロジェクトを実施しようとしている。ということで、彼女と関係するスタッフの方々にお会いしましょうという流れになりました。

 カナダ政府環境省もまき込んだプロジェクト/

 放射能除去の開発者と会う!

デラヴィ:私たちはもう既に施設を見せてもらいました。そして、科学者やアイルランドのジャーナリストも含めてプロジェクトに参加する方々にお会いしました。

 今までの彼らの努力は間違えなく認めざるを得ないのです。開発したものは実存しています。

…中略…

中丸:亡くなられたそのご主人…アトランティスの時代に…そのときに出会ったことがあって、化学者でした。

 当時のアトランティスの文明は、今の地球上より進んでいるものもあったのです。最後、アトランティスは沈んだけれども、そのときの意識を彼は思い出して、…そういう過去を思い出した上でこのプロジェクトを進めたという部分がある。ですから、普通の化学者が考えてもちょっと思いつかないやり方です。それについてはこの地でも、日本でもそうだと思うけれども、全世界的にいろいろな利権構造が既にあるので、放射能を全部取り除くからといって、「はい、はい」と全部スムーズに進むようにはならない。天上界としては、「気をつけてください」という忠告までいただいて、それでここへ来ています。

デラヴィ:よくここまで来たと思います。

  … 中略 …

―――― アモテラコーポレーション ――――

地球への愛と世界を助けるために援助の手を伸ばすことから生まれた会社

http://www.amoterra.ca/

 産業及び高レベル放射性廃棄物の安全、自然、かつ迅速な除去を数日以内に提供します

――――――――――――――――――――――

  AmoTerra社は、核廃棄物の処理方法に関連して、科学を変える可能性を持つ革命的な解決法を開発しました。アモテラ社は、放射性廃棄物

 が永久に残存することのないよう数日で除去する技術を進歩させてきたのです。従来の考え方は、このようなラディカルな突破口の可能性など容認しないでしょう。しかし過去18年間で80憶ドルを超えるコストをかけて開発され、2人の設立者が私的に資金を提供したAMTプロセスは、世界中のトップ物理学者によって再調査、実験、立証が行われているのです。

 ~ 中略 ~

 世界的に、原子炉や医療用放射性物質からの高レベル放射性廃棄物1トンに対し、その何十億倍もの産業界からの低レベル放射性廃棄物が存在している可能性があります。これには、病院の廃棄物、肥料業界、原鉱採掘と加工業界、そして石油業界からの副産物などが含まれます。

 ~ 中略 ~

 使用済み核燃料棒の問題解決の緊急な必要性は世界中にも多く文書化されており、AMTプロセスが知られるようになれば、非常に大きな需要が起こるでしょう。

 ~ たくさん省略 ~

 以上、アモテラ社(AmoTerra)について抜粋終り。

 国の使用済み核燃料の埋立地さがしてる国家公務員のあなた様へ

 アイスのガリガリ君より高価だけど、この本、経費で買ってくれていいで、あたしが許す!

 まだ読んでなかったら読んでよっ!

 アモテラ社に連絡とって下さいよっ!

 こんなに環境汚染がヒドイと、今迄(次元の上がる前)だったら、数世代後には、人類は子孫を残せない身体になってしまうそうだよ? グレイ種族の末路をたどるってこと?!

 未来グレイ種族になってまで、紙のお金(利権)をとるって、アホすぎない?  草々。 2017.8.13.ウリ.