シリウス・峠のランプ 大天使ウリエル

 地球上の全ての生命体が、安心して、健康で、楽しく、幸せに暮らす地球になるのが遅すぎてイヤになった。NESARA知らない人もまだいるみたいだしね? で、ブログ始めることにしました。 草々。 2017.8.4.ウリ.

地球外生命体による遺伝子実験、ケムトレイル、音(電磁波)の兵器、インプラント、マスメディア、通信網を用いたマインドコントロール、クローン、人身売買、etcについて。私達地球人はマインドコントロールされ奴隷だったことを知ろう。

http://daitenshiurieru.hatenablog.com/entry/TheMedicineIsPoisonous20181110 ←先回の続編→

 また明るい話しから行きます↓ 

古代ビルダー種族 人類の10億年の遺産の回収 パート1 - Sphere-Being Alliance →

彼はドームの天井を見上げてから、デッキまで見下ろして、静止して言いました。
「この宇宙ステーションはとても進歩していて、かつ、かなり古代のものだ。」
「ステーション自体が到着したどんな種族でもスキャンできて、即座に彼らの生態環境を複製できるようになっている。」
「同時に意識レベルでそれぞれの種族に接続する機能を持っていて、全ての出席者間の双方向コミュニケーションを容易にしている。」

ゴンザレスは使節団の代表が座るU字型の椅子に歩み寄り、立ち止まって辺りを見回しました。
私はたずねました。
「今日は君が座るの?それとも私が?」
彼は「いや、君はあっちだ」と演壇の方を指差しました。私が恐れおののいた顔で演壇の方を凝視した後、彼の顔に視線を戻すと、彼はくすくす笑い出しました。

歯を見せてニヤっとすると、「心配するな。スーパー連邦とガーディアンの会合が、うまく進行しないことはないだろう。」と言い、
周囲を見回して、「よし、では演壇まで歩いていって、『始める用意はできた』と念じるんだ。」と言いました。
私は「始めるって何を?」とたずねましたが、ゴンザレスは何も答えず自分の席に座って、ニヤケ顔をするだけでした。

私は演壇に上がり、出席者たちの方を向きました。みなの視線が私に集まりました。部屋にいる出席者達の、期待感のようなものを感じました。

私は地球代表の方を見ました。そこには私が前に見覚えがある、200人委員会の一人が座っていました。
私は、これからやらねばならないことを考えて、少し身震いしましたが、「用意はできた」と念じました。

f:id:daitenshiurieru:20181010013335j:plainすぐにティール・エールとゴールデントライアングル・ビーイングが私の背後に現れました。まるで私がLOCで、SSP同盟の前に初めて立った時と同じ様でした。

ティール・エールが私に語りかけ、「私があなたに伝えたことを、そのまま正確に繰り返して下さい。」と言ったので、私は頷きました。私はそれから大使達の方を見てしゃべり始めました。

「私たちはあなた方を、ひとつの無限の創造主の愛と光の中で歓迎します。」こう言っている時、ティール・エールとゴールデントライアングル・ビーイングは手のひらを前に出して、お辞儀しました。私も彼らの真似をしました。
私は、とても慎重だが、愛情のこもったエネルギーを、ティール・エールから感じました。以前より私に対して、彼自身をさらけ出してくれているようにも感じました。
私は温かな感情で胸が一杯になり、泣いているわけでないのに自然と涙が頬をつたって、大使達の姿がぼやけて見えました。

…(中略)…

大使達は椅子に座り直し、私が再び話し出すのを待ちました。
それからティール・エールは私に以下のように言わせました。
「人類には今克服すべきことが多くある。この新たな段階において、この評議会はまもなく解散する。」
「これからは人類の『宇宙の家族』が、人類のヒーリングを援助し、人類が自分の遺伝子を自分で管理し、精神的に成長できるように指導する。」

「この評議会は地球に転生している自分達のメンバーをよく監督するように。それも人類にそのメンバーの排除を要求されるまでのことである。」

「人類は新たなスーパー連邦評議会において、公式に議席を用意される。」
「これらの『宇宙の家族』のメンバー達が、自身も遺伝子計画の一部であった体験を活かして、銀河を横断する更に進行中の計画において、評議会を導く助けをするだろう。」

…(中略)…

ゴンザレスは私をくるっと彼に向き合わせると、「この意味がわかるか?」と言いました。
私は彼を見て、「自分達は神だと思っている何十ものET達に、もう人類は支配されたり実験を行われたりしない、ってことだろう?」と言いました。

彼は微笑んで言いました。「確かに彼らは我々の神話における神だがな・・・でも、そういうことだ。そしてこれはスフィアビーイング同盟が所属する銀河連邦が、我々のドラコ帝国打倒を支援してくれるってことなんだぞ。」

f:id:daitenshiurieru:20181120162727j:plain

                             😁解散!貝3↑

 

 アルコンとの契約終了決意表明文 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

 憶えてない次元や時代に、又、知らず知らずのうちに(音楽を通してとか)、闇側の存在と契約をかわしてるっていう話しはありえるうりえるなので、上記の↑文面を参考に(自分がいいと思う文章で)コントロールプログラム(契約)を解消しとくの、やっとくのいいと思う? できたと思えればそれでいいだもん?(自分が自分の現実を創ってるだもんで?) あたしは害はなさそうだし、やっといたよ? 今迄地獄だったでね?もうイヤだもん?

 それと、宇宙からの光エネルギーが3倍になってるというお話もあります。その増大した光エネルギーは闇のものを消してくれるけど、それは、すべてに3倍の光(愛)エネルギーが降り注いで3倍になるということみたいだから、否定的な思考(行い)はしないほうがいいと思う? 例えば、アルコール飲むと3倍、飲んだのと同じなんだそうですに?

 

“あなたはいまスターシード として目覚める シリウスの超叡智③”より →

〔インターネットやメディアとの対し方〕

 こうしたインタネット媒体を利用する際には、細心の注意を払うようにあなた方に警告しておきましょう。自分自身の魂、精神、感情といったレベルで準備が出来ているように充分時間をかけ、このテクノロジー網に参入するときは常に自分のエネルギーフィールドを防御することが、非常に重要なのです。そうすればコンピューターが発する周波を確実に修正でき、それらのネットワークを「行き交う」他の意識的な人たちの意図を高めたいと意思表示することで、他者の領域にも入ってゆけるようになるのです。

 これはネットにログオンする際にはいつでも簡単にできるようになりますが、まず自らの意図と目的を宣言するとよいでしょう。……例えばこんなふうです。

 「ここへ入るときには、白い光に包まれますよう、スピリット戦士たちよ、至高の秩序(天の騎士団)以外から送られるバイブレーションから我を守りたまえ、そして望まれぬエネルギーたちはその属する場所へーーふさわしき進化の場所へ帰りたまえ。

 我はこのアース(接地コード)を下ろし、母なる地球の体内に深く沈める錨(いかり)のように、この地上にしっかりとつなげん。

 我が旅立たんとするとき、光の者たちよ、宇宙の光の糸を使って我が行く先を導きたまえ」

 (私:あれ? 今、打ってて、『先ず自分を白金の光で包み、パソコンの画面、そしてパソコン全部、通信回線、相手先のコンピュータ、の順で、繋がってるすべてを白金の光で包んでく』ってのじゃないなと、コレ書いてあったのどの本だっけ?)

 

 2.地球外生命体による遺伝子実験、ケムトレイル、音(電磁波)の兵器、インプラント、マスメディア、通信網を用いたマインドコントロール、クローン、人身売買、etcについて

ローレン・モレ博士インタビュー「宇宙ベースの大量破壊兵器HAARPの禁止を」 | 電磁波攻撃、電磁波を使った拷問・人体実験、モルゲロン、ナノチップによる脳の完全支配、「マインドコントロール」などについて →

ウェバー:HAARPは宇宙ベースの大量破壊兵器ですか?
モレ:はい、HAARPは、宇宙ベースの大量破壊兵器です。このひどい兵器は、ソ連とアメリカの秘密の協力によって作られました。
 冷戦中に組み立てられ、ウッドペッカー信号と呼ばれるようになったそれ(=ソ連のアンテナ施設)が、米国の独立200周年にあたる1976年7月4日にソ連で稼働開始されました。そして米国とソ連は1978年、環境兵器、および環境に対して使える兵器の開発をする、秘密のパートナーとなりました。…
 もちろん背後にいるのは国際銀行家たちです。メソポタミアまで遡る古代金貸し業者の血統が、いまだに金貸し業、国際銀行家として脈々と続いていますので。その本部はロンドン…
 彼らはやりたいことは何でもやります。ますます恐ろしい戦闘技術を開発しています。兵器による恐喝、核による恐喝、そして今やHAARPによる恐喝…
ウェバー:ええ、戦争経済の製品は戦争そのものです。戦争経済は戦争を作り出すために存在しています。ヘーゲルの弁証法的な操作です。ロンドンの中心部にある、677エーカーの準独立的な司法管轄圏「シティ・オブ・ロンドン」は、12の銀行から構成される委員会によって統治されています。率いているのはイングランド銀行ですが、ロスチャイルド一族が…
モレ:おおどうも。はい。…

 そしてこれらの連中は、働かないで大量のお金を手に入れるのが大好きです。つまり非常に非常に略奪的/利己的です。金儲けの手段は、性的人身売買、武器取引、麻薬取引、臓器取引、酒の取引です。…
 HAARPのプロジェクトというのは・・・H-A-A-R-P、高周波活性オーロラ大気調査プログラムのことです。…
…ですからこれは世界的なシステムです。
 だから1950ー1960年ですら実験がなされていたんです。それはモスクワの米国大使館に対して使われ、米大使館のスタッフが低レベル電磁波反響の影響をみる人体実験台になりました。2人の米国大使が脳腫瘍で死亡したほか、従業員の多くも非常に病み、幾人かは死亡しました。これらは低レベル電磁波反響、またの名をマイクロ波による影響でした。
 非常に興味深い点は、当時、人間の脳の周波数が、モスクワから来るウッドペッカー信号に乗せられていたことです。他にももっと内密にされている、様々な用途があります。
 1971年に、ポーランドはワルシャワで歴史的な会議が開かれました。ロシアの科学者がマイクロ波疾患と呼ぶ症例の一覧をプレゼンしたのです。その一覧の中に、ご自分の症状と同じものを見つける方もいるかもしれません。例えば携帯基地局や、警察のアンテナや、軍の施設のそばにお住まいの方々です。この技術は今となっては極度に進化しています。携帯基地局は米国でもっとも完璧なアンテナ網と化しています。だから携帯は私たちの利益のためにあるわけではありません。売りつけられてこちらがお金を払ってはいますが、私たちに対して敵対的に使われています。
 ロシア側が報告したマイクロ波の症例は、低血圧と脈拍の遅れでした。それによって体温が下がります。…
 …「慢性的な交感神経システムの興奮、ストレス症状、高血圧。頭痛、だるさ、目の痛み、不眠、イライラ、不安、(聞き取れず)の痛み、神経質な興奮・・・集中できない、脱毛。さらには盲腸や、循環器系・生殖器系の問題、ガンの増加。究極的には、アドレナリンの消耗、心臓病、動脈硬化?、心臓発作が慢性的な症状に続いて発生する」。
 ですから米国とロシアは「全国ミサイル防衛」やら「大陸弾頭ミサイル防衛」やらの覆いの下で、実は全世界マインドコントロールプログラムを開発していました。
 1974年、ホセ・デルガド氏という人がこう述べました。これの実験をしていた人です。「社会の政治的支配のために、サイコ手術が必要である。アタマの物理的支配の目的とは、つまり、与えられた規範から逸れる者を全員、外科的に不自由にさせることだ。人間には自分の考えを持つ権利などない。この種のリベラルな志向には多大なる魅力がある。我々は電気的に脳を支配せねばならない。軍隊や将軍は、いつの日か、脳への電気的刺激によって支配されるようになる」。耳を疑うような話ですが、ホセ・デルガド氏はこれを米国議会でプレゼンしており、議会の議事録(1974年2月26日 Vol.1-18 No.26) に残っているのです。
…そして、特定のパルスつきマイクロ波を照射すると、血液脳関門の浸透性が高まりますし、それ以外にも、薬物、バクテリア、毒物の影響を強める兵器が存在します。
 今日、空にはケムトレイルが散布されています。主にNATO諸国の上空ですが、非NATO諸国でも散布されています。そして地上では農薬散布プログラムがあり、ケムトレイルとシンクロナイズしています。私はこれはバイナリー兵器だと思います。言い換えると、ケムトレイルは一つの構成要素、化学物質はもう一つの構成要素、その二つを合わせるとシンクロし、何倍にも互いの影響を増しあうのです。ケムトレイルはHAARPシステムの一部です。
 …即座に船を沈没させることができます。小さいのはハワイで目撃されており、ハワイ大学の研究者を殺害するのに使われました。その人は、タロイモの遺伝子組換えに猛烈に反対していました。タロイモはハワイの先住民の主食です。
 さてなんでまたモンサントは、ハワイで総勢5000人ぐらいしか食べていない食物の遺伝子組換えなんかをやりたいのでしょうか。なんの経済的な利益もありません。でも、遺伝子組換え食品と遺伝子組換え生物について言われている影響が本当なら生物兵器でもあるということで、となると遺伝子組換えタロイモが正当化されるのでしょう。ハワイの先住民を標的にすることだからです。シティ・オブ・ロンドンとウォール街の銀行家たちのお気に入りの手段の1つは、ネイティブアメリカンを殺すために天然痘菌が入れられたことからもわかります。
 というわけでHAARPシステムにはたくさんの用途があります。どんなスケールでも使えます。人々のエネルギー細胞(細胞エネルギー)を標的にすることもできます。細胞の機能を操作して、病気を発生させることができます。どんなスケールでも使えるのです。ぐっとのぼっていった大気中では、大気を加熱し、持ち上げ、拡張させ、そしてぺしゃんとなると、それが言わば「圧縮波」として地震の引き金を引くことが可能です。ですから地上ベースの技術、空中ベースの技術、宇宙ベースの技術が統合されたシステムです。…
 

気象兵器と呼ばれているHAARPは存在し、実際に使われているという。HAARPはイルミナティの占有物ではなく各組織によって共同管理されており、普段は太平洋にある水中施設に保管されている…

 

ジム・ストーンインタビュー② - YouTube →

原子炉3号機(福島)が爆発してしまいました。何によってですか? 核によってですか?

YES、これは・・・4号機には、この施設には二つの核が仕込まれていました。4号機では核爆発があった時に…

…存在していない制御は、イスラエルの貴重なストゥクスネットウィルスに感染しているのです。このウィルスは全てが破壊されようが、爆発されようが、その前後も全ての読みとりを通常に保つのです。

(私: 日本が米国にはむかったらライフラインを止める脅しで、日本の主要施設にはこのウィルスが仕掛けてある。又、日本人個々人を米国は監視していると、元NSAのエドワード・スノーデンさんもおっしゃってる。日本のこと心配してくれてるよ?)
 

 銀行、宗教、政府、情報機関、軍隊、及び宇宙技術を支配するために、秘密の宇宙プログラムを持ち、世界にまで手を広げている秘密政府は、企業と手を組んで作業しています。これらの分派には、ヒラリー・ クリントン、ベンジャミン・ナタニエフ、ディック・チェニー、ジョージ。ブッシュ・シニア、ヘンリー・キッシンジャーが含まれています。この分派が新世界秩序(NWO)を欲したのです。彼らが、911を実行したテロリストです。これらの者たちは終わりのない戦争と共に、第四帝国を保ち続けていました。

 このほかの分派は、強烈なルシファー信仰を持ち、ヨーロッパの政府と銀行を支配しています。彼らはオリジナルの騎士団であり、秘密の内に伝統を守っています。この伝統のうちの一つがアトランティスの沈降の時に閉じられたスターゲート技術です。これらの者が米国建国の父であり、マジェスティック12を創始した者たちです。イルミナティはこの分派に浸透しました。

NESARAとは  →

宣言寸前の午前9時に、ブッシュ・シニアは、ノースタワーの1階、2階にある新しい米国財務銀行システムの開始を妨害する目的で国際銀行コンピューターを破壊するために世界貿易センターの爆破を命じた。世界紡績センターの爆薬は、CIAとモサドの諜報員が仕掛け、ビルディング7から遠隔で爆破操作が行われた。このビルディング7は、証拠隠滅のためにその日に爆破された。遠隔操操縦技術が爆薬の航空機による運搬のために使用され、ペンタゴンの新海軍司令センターにあるホワイトナイトの駐在位置を正確に爆破した。ホワイトナイトは、NESARAの国家的実行を支援する調整活動を行っていた。
 

世界中で謎の山火事が発生! : 日本や世界や宇宙の動向 →

攻撃の標的になったのはカリフォルニア州だけではないようです。世界中の複数の地域でも同じような火災が発生しているそうです。人間が標的になれば、一瞬のうちに焼失し灰になってまいますから逃げることもできません。このような恐ろしい兵器がサテライトを介して操作されています。レーザー兵器を使って世界中(人間もあらゆる物も)を焼き払ってしまうつもりでしょうか。いかにこの世界がキチ害サイコパスによって破壊されているかが分かります。

 

CIA MKウルトラ 洗脳、HAARP、ケムトレイル MK Ultra Tavistock Brainwash Chem-Trail.mp4 - YouTube →

(*日本語字幕付きの以前、見たんだけど見あたらない?)

  このMKウルトラ マインドコントロールは、すべての電線、テレビ、施設、ネットワークのすべての中に存在します。それは電話(?)警察コンテナの中に存在し、全米中いたる所にあります。

 彼らがしたことは、すべての格子、生活を快適にする標準的格子、電話電気、テレビ、アンテナを武器化することです。最も新しい武器は、携帯電話アンテナ・ネットワークです。

 

〔身体に電気は良くない。特に害がある電化製品トップ5↓ シリウスより〕

 テレビ、電子レンジ、コンピューター、アンテナ、携帯、とのこと。

IHも良くない→IH調理器はメチャヤバイ - 癌で妻をなくして - Yahoo!ブログ

 

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器① - YouTube

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器② - YouTube

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器③ - YouTube

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器④ - YouTube

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器⑤ - YouTube →

 Barrie Trowerさんへのインタビュー

 (注:最初と最後だけ↓ *1 見といたほうがいいと思うし…)

 ええ、1960年に私は、軍でマイクロ波戦のあらゆる面に関わり始めました。

 イギリスで?

 イギリスで。

 マイクロ波戦の全速麺、それが人体に与える危険性や、勿論レーダや軍事使用について学びました。

 その後、11年間、仕事の一部ですが、冷戦時代のマイクロウエーブは、今と同様秘密武器に使われ、それらは完璧な武器であり、人々は攻撃されていると気づかないですから、どの政府にも個人や集団に対する攻撃が可能で、実行しており、道にいる群衆に対しても同様で、18ヶ月から2年半、低強度の攻撃で、甚大な神経的ダメージや身体的ダメージ、ガンを引い起こすことができます。

 思考の改変は?

 簡単にできます。

…(中略)…

 一字一句を公表してください。

 

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=4&ved=2ahUKEwiq3pPhjePeAhVOc3AKHQpiBqsQFjADegQICRAC&url=http%3A%2F%2Fwww.geocities.jp%2Ftechhanzainetinfo%2Fkathudou%2Fgijutsushiryou%2Ftech37_drraunikilde.pdf&usg=AOvVaw3ta8DwczUAqiMhEmA7WV71 →

 …1953 年からマインドコントロールした暗殺者の育成計画が始まった。「たとえば、ひとつの 目的は個人が CIA の命令に従うよう仕向けることであり、それは自己防衛本能という基 本的な自然法則を無視することさえあった。…

 …ブレイン・プロジェクトはさらに広範に拡大 している。1997 年ジョン・グレン上院議員は、ブレイン・プロジェクトは現在最も非米国的 問題であると述べた。彼は、米国の医薬品はブレイン・チップを含んでおり、それによって 人間はスーパーコンピュータと接続され、医療研究、脳実験、行動操作、マインドコントロ ールが行われていると暴露した。このテーマは一般的に議論される必要がある。このプロジェクトはこれまで政治的産物として開発されたもののうち最も非人間的であり、すべて の市民を対象とするよう意図されている。  …

 …ブレイン・プロジェクトが、米国の政治的機密事項であ り、自国民に対して実施しているだけでなく、外国の市民に対しても行っているからであ る。…

 …米国が国家に対して、”目 に見えない戦争”に関与しており、地球上のさまざまな地域での破壊をもたらしている事 実を知る事は、大きな驚きになることでしょう。これらの破壊のプロセスは、国家の収穫、 気候、人々の健康、精神、または気分、または他の因子に、様々な影響を与えることが できます。…

 …、最も被害が出るであろう(大きな)地震と(大きな)津波が発生しやすくなるのです。 米国、そして他の強豪国は、衛星が最初に打ち上げられるはるか前から、これらのシス テムの開発に着手していました。1980 年代から米空軍の衛星は、周波数 137、および 138 MHz での地球全体への照射をしています。そしてこれは現在でも昼夜行なわれて います。現在はもしかしたら周波数がもっと高い波長に変調されている可能性はあります が、それらは地球上のすべての”人や生命体”が対象で、生成(成長)侵害、洗脳、刺激 などが目的です。 米空軍は 1996 年に、「新しい戦争の戦闘能力情報操作」というタイトルを使用して、レ ポートを公開しました。「ヒューマン・コンピュータ・システム」という概念の下、”脳機能の アプリケーション”が議論されました。それは、”スーパーコンピュータ”と”バイオテクノロジ ー”の相互作用が、(人体の)所望している情報を、取得することができることを宣言しま した。…

 … (*ブレインネットワーク)…すべてこれらは、今まで存在もしなかった最も先進的な”監視システム”を介して行 われ、すべての人々の整合性(適合性)とセキュリティを監視しています。

 

【保存&拡散希望】決死の内部告発!MJ・最後の盗聴電話内容公開! - YouTube →

国防省ロバート・コナーズ: 1994年私は通信所長として「オペレーション セドウィック」と呼ばれるプロジェクトに入れられました。1989年にレーガン下によって形成されました。このプログラムはMKウルトラと呼ばれるプロジェクトの第2ステージでした。これは音楽を通し、アフリカ系アメリカ人口や都会の若者を支配することに集中し、目的とされていました。はい。あなたはちゃんと聞いていましたよ。音楽を通してです。…

『驚異のリバース・スピーチ』 〜 ヒトの発する言葉を逆再生すると現れる「聞き取れる声」の謎。それは日本語にも現れる!!! →

また、判別しがたいものだが、「それからは逃れられない。俺は歌う。悪魔とともにいるから。 人々は悪魔のために生きねばならない」と聞きとれる箇所もあった。つまり、レコーディングの時に、バックマスキング技術でメッセージが加えられた事実は なかったにもかかわらず、逆再生すると、ありえないはずの言葉が、聞こえてくるのである。 しかも、悪魔的なメッセージが…。 これはどのように解釈したら良いのだろうか?…

 

http://nesaranews.blogspot.jp/2014/08/from%20-jim-stone_28.html →

 …スーパーコンピューターを用いた遠隔神経監視システムはインプラントされた人の神経システムを通してメッセージを送ることができ、如何なる行動をもとらせることができる。彼らは無論どこに行っても追跡され、アイデンティファイされる。

 全ての人間の権利に反し、最悪のナチ-タイプ・テストの中で「科学」の名もしくは「国防」の名の下にノンコンセンシャルな神経電磁的人体実験がおよそ50年もの間、いわゆる「弱い集団」に対して行われていた。今日のマインド・コントロールの犠牲者の受けている身体的心理的な拷問は最悪のホラー映画のようである。それはホラー映画ではなく、真実である。それはアメリカ合衆国、日本そしてヨーロッパで今日、起きている。一部の例外を除き、マスメディアはこの話題全体に纏わる全ての情報を隠蔽している。…
 …
 マインド・コントロールの為に携帯電話を使用するというアイデアは卓越していた。軍と警察はあらゆるユーザーの後を追跡し、マイクロ波を使って彼らの思考に影響を与えることができ、健康な人々の頭の中に脳内音声を響かせ、彼らの脳を焼く必要がある際はすぐに電流を増強させる。…
 …
 「非致死」兵器によるマイクロ波マインド・コントロールは地球上に生きる全ての人々に対する人類史上最大の犯罪である。それは地球上にいる全ての人々の力によって止められなければならない。
191-R.キルデ医学博士( 未来への警告 )=Ngo未来大学院=NFS=NGO FUTURE SCHOOL - YouTube →

 R.ギルデ博士が地球人類社会に警告を発しました。特にアブダクション体験者と携帯電話を使用している人は、SEG政府とオリオン政府の密約で、地球人類をマインドコントロールするため、DNAマイクロチップを脳に埋め込むため、計画的に全地球規模で推進していると、人権団体と連携し、現代の拷問と人権侵害であると告発しました。

 

今こそ、我々も目を覚ます時!! ~ 2015年米国報道抜粋集 ~ - YouTube →

12:45

『RFIDマイクロチップの体内埋め込み』 ※ RFID:無線自動識別装置

 医者があなたの所へ駆けつけるためのマイクロチップについてです。

 どうやってそれを皮膚内に埋め込むんですか?

 ちょうどペニシリンや他の薬を注入を医師の診察室であるような形で右の上腕に注射します。

 すでにメキシコ当局で法的執行がなされた、とのこと、つまり、個々人を監視することが出来るよう、マイクロチップが埋め込まれています。

 すべてのシナリオは世界統一政府で、全員にRFIDチップを埋め込み、人々をコントロール…

 

オランダで行った5Gアンテナ塔の実験直後に大量の野鳥が死にました。 : 日本や世界や宇宙の動向 → (T^T) こんなことをしてしまう世界はもう終わらんといかん!

 

1782 _JP_ (ES)『兵士の生霊の干渉による多次元パラレルアクティビティ』- 退行催眠byカロジェロ・グリファージ Calogero Grifasi - YouTube

1815 _EN_ (ES) Ruth, The parallel inter-dimensional military activity - Hypnosis Calogero Grifasi - YouTube →

 MKウルトラ、スーパーソルジャー計画っていうのか、利用され、この時点では投獄されてる米軍兵士のかたが、カロさんに助けを求め出てきています。

(セッションの一部↓)

RU: テレパシーを使って呼び寄せました…

 ある意味では彼らが私の頭脳を修正したので、私に彼らを呼び寄せる力がありました。

CA: その存在に触れる時、接触はどのように行われますか? 瞑想をとおしてですか?

RU: いいえ、誰を呼び寄せたのか分かりません…

CA: 彼らは直接地球に干渉していますか?

RU: いいえ、干渉することができません。

CA: 何故できないのですか?

RU: カマキリ(マンティス)がいるため。

CA: 常にそのカマキリと敵対しているのですか?

RU: はい。

CA: カマキリが出て行くと、彼らが入り込めるからですか?

RU: その通りです。

CA: でも何の目的で地球に入ってくるのですか?

RU: 人間を奴隷化したい。

CA: つまり、兵士たちがそれらの奴隷ですか?

RU: はい。

 

玄のリモ農園ダイアリー: マシュー君のメッセージ(89) →

法王フランシスは世間から隠されている状況について知っています。そしてもっとも罪深いこと・・バチカンの奥深くに悪魔崇拝の世界本部があること・・を止めさせなければならないという生来の良心を彼はもっています。… 法王ジョン・ポールも同じような目的をもっていたために、毒を盛られる前に彼の意志に反してクローンにされました。もし法王フランシスも掛かり合うことを拒否していたら同じ運命にあったでしょう・・バチカンの聖職者組織によって長い間繰り返されて来た悪を暴くためには、彼は生きていなければならなかったのです。

NESARAとは →

 …政府による収監中の嫌がらせと報復は増し、あるいは殺害が行われた。軍事要員による保護にも関わらず、1933年のUnitedStates破産の元の肩書きを得た将軍達は収監され、殺害され、あるいはクローンに置き換えられた。…
ジャネット・レノの行動は権力者を大きく憤らしたので、彼女は殺害された。彼女はクローンに置き換えられ、この生物が種々のクリントンのスキャンダルの隠蔽の責任者だったのだ。
米国財務省のロバート・ルービンを味方に付けておくために、彼もクローンに置き換えられた。…
 

全世界すべての国からブロックされた動画 - YouTube

CERN 地獄への扉 (2015) [日本語字幕].mp4 - YouTube →

 彼らが実験を行っている場所では…幽霊、亡霊、あらゆる悪霊の類が現れはじめています。

 …反物質の炸裂を始めようとしています。彼らはそのいつか採取し、カレッジに保管しています。カレッジでは、人々が精神錯乱を起こしはじめ、幻覚をみたり、凶暴になったり…

エドワード・マンティル博士: 我々はやってはいけないことをやってしまった。秘密の実験中に停電が起こり、科学者たちは恐怖に怯えお互いを呼びあったそうだ。そして、電気が回復してみると、その実験のリーダーの女性科学者が、身に着けていた物を残して消えていたんだそうだ。

動かすなこんなもの! イルミナティの人達はホント気が狂ってるよ (- -;)!! ヨルダンにもあって中東国々の協同なんだと?

 

【宇宙の奴隷貿易とマインドコントロール/ディスクローズの中で最も深刻なトピック】 コズミック・ディスクロージャー:シーズン8、エピソード5 - 新・ほんとうがいちばん →

ETたちと交渉できれば、この奴隷たちを技術と交換することができます。」

David:

どのくらいでしょう、または人数の概算が解るとして、年に何人が奴隷として連れ去られていますか?

Corey:

そう。世界的に失踪している人数は、年間100万人ぐらいです。

 

2044 _JP_ (IT) Laura 『光の存在たちからの支援、惑星と32種類の生き物の創造』〜退行催眠byカロジェロ・グリファージ〜Calogero Grifasi - YouTube →

(ドラコたちは地球人が知らないうちに、地球人との子供を作っている? (* *; )

51:04

CA: ラウラさんを使って何を手に入れたいのですか?

LA: 我らは雑種の者を作ります。

1:14:17

CA: つまり、受精させられたのですか?

LA: はい、しかも、しばらくたってから、もう宇宙船の中ではなく、直接に私の寝室内で行われていました。

 

“あなたはいまスターシードとして目覚める シリウスの超叡智③”より →

第9章 秘密政府による宇宙開発計画と監視システム

 エシュロンは基本的に、大量の電子通信(電話、インターネット、ファックス通信)を傍受し、政府のコンピューター・ネットワークを経由するように設計されています。…

 2005年に立ち上げられた新世代の偵察衛星計画には注意してください。このシステムが稼働すると、世界中の軍の情報コミュニティによって地球の周りの「敵」の動きだけではなく、地球上のどんな個人活動に関する情報も、いつでも、どこでも得られるようになるのです。…

 …(監視されてる、バーコード、のとこは暗くなるで省略)…

 秘密政府の監視に対抗するには、どのような行動を取るべきなんでしょう?

・このような攻撃的な科学技術がどれほど強力であっても、それらはあなた方の光のシールド(バリア)、つまり至高の存在でない者は何も受け入れないという決意を侵すことは出来ないということを忘れないでください。このような高いレベルで魂を保護し、目的意識を持って取り組むことが重要なのです。光の家族に呼びかけてください。そうすれば…

第10章 メディアと大衆心理コントロール

意識の中に浸透させられているものの正体を知る

 できれば、テレビやラジオ、雑誌といった無意味な制作物や中身のない偶像、また、絶えず負の同調を促そうとする新聞のように、購買意欲を高め世論形成の背景となるべく仕組まれたものからは、少しずつでも遠ざかっていくとよいでしょう。すると、信じられないほど気分が軽くなっていくのを感じるはずです。

大衆をコントロールする意図をもった広告

政府の意図が埋め込まれたサブミナル・メッセージ

あなた方の欲求を活性化させるために意識の中枢に働きかけてくる

サブミナル効果をもつ音楽

 また、サブミナル効果をもつ音もテレビCMなどに隠されています。それらははっきりと認識はできないものの、やはり潜在意識レベルに作用するように仕組まれています。さらに音は、インターネットを通じて伝達されることもあります…

 完全に無防備な一般大衆に向かって、催眠効果や指令を含んだメッセージを放送できてしまう、そんな力が存在することを、想像できますか? …

実験的ホラー映画の『エクソシスト』が公開された当時、闇の権力が勢いを伸ばしていました。実験は、当初広まっていたサブミナル音の効果を調べるため、実験台となる観客グループを観察すろというものでした。

 そして映画に使用された効果音や埋込画像のレベルに対する観客の反応が、監視され、記録され、さらに分析されて、今日の広告やメディアの番組製作上で使用される手法の基礎となっているのです。…

 …こうした低エネルギー中枢に対する攻撃を、はっきりと認識するときなのです。…

第11章 生命をつなぐ大気、水、食物

ガイアが息ができなくなってもがくほど、あなた方も呼吸困難になる

あなた方はガイアを高い次元へ進化させることができる

大気――空気や呼吸の重要性を理解する

食物――死んだ動物の肉と決別する

……成長ホルモンや大量の抗生物質を含んでおり、副腎が異常分泌を起こし、遺伝子組換えや毒性の強い農薬を使用した食品で作った餌を与えられてきたのです。

 恐ろしことに、死んでい行く動物の細胞一つ一つには人間への恐怖が充満していて、あなた方はその感情すら摂取しているのです。肉汁滴るステーキにナイフを入れたり、脂っこくて香りのよいハンバーガーを頬張ったりするたびに、あなた方の身体(魂の住処)に吸収されていくのです。…

 トウモロコシ、キャノーラ、乳製品にジャガイモ――それらを使用した最終製品――を使用した食品が、最も遺伝子組換えされている可能性が高いといえるでしょう。…

… 

…パワーエリートの上層部は異星人の生活の全容を知っています。結局彼らは、地球を支配するアヌンナキの血を引く者からの指示を受けているのです。

 彼らの実験に使うために罪もない人間や動物を犠牲にして、エリートたちは同盟を結ぶ異星人たちから、計り知れないほどの恩恵を受けてきました。ところが今、その秘密は明るみに出てきました。しかし、傷つけられた動物や誘拐された人間の数はあまりに多いのにもかかわらず、そのことを否定されたままになっています。しかも大手メディアは未だに政治家や大物企業家に服従して、真実を報道することをさけているのです。

 

 終り。

 わきゃわからんくなってきた😁

 ド長いのにここまで見てくれてありがとう。

*9.11入れるの忘れとったわと布団の中で気づき 15:50ゴロ 追加。

                    草々。2018.11.24.04:45ゴロ ウリ.

f:id:daitenshiurieru:20181124044627j:plain

*1:_ _