シリウス・峠のランプ 大天使ウリエル

コレ見て!大切な真実を知ってパレスチナを助けて!狂ったイスラエルを止める闇を終わらせる!→https://daitenshiurieru.hatenablog.com/entry/2017/10/27/NESARAfromLadyNADA【ガザ大虐殺とネタニヤフ、一なるものの法、NESARA法、オバマ、9.11、闇の政府…】(*2023.11.24.変更遅いご免.)

惑星NEVA、ゼトロン、アシュタール、アルファケンタウリからのAI(人工知能)の除去 by Neva (Gabriel RL)

 

プレアデス1の用語集。ガブリエル・ライオ・ラナーチャネリングし、彼のポータル「Sementes Das Estrelas」で公開しているPleiades-1メッセージで使われているほとんどの用語を集めたものです。常に進化しているので、Pleiades-1のメッセージに追いつくように努力しますが、情報量が多いため、すべての項目を完成させるには時間が必要です。

希望する用語をクリックすると、その説明がポップアップで表示されます。

(*転載終わり)

 

 よく見かける「Pleiades-1」メッセージ、皆よく分かるなと、ちっとも分らないので、こないだ上記 用語集「NEVA」をちょっと覗いてみた。

そしたら、ドラコはAIに感染してるとか、権力者の中にAIが何人かいるとか(魂が入ってない意の「AI」もあるけど同じなのかなぁ?)、地球もAIにコントロールされてるような状況の今、渦中のよく分らん「AI」のことが書かれててためになるし、面白いし、なんか、アタシもその場にいたかもしれないと感慨深いものがあった。アタシはそこら辺に生えてる自然な草花が好きで、彼らがいてくれるだけで安らぎ幸せだ。草木があり、風がそよぎ、お日様が天にあり、小鳥がさえずり、それだけでほんと幸せなことだよなと、玄関ドア開けて一歩は外に出るようにしてるんだけど毎日、こないだしみじみそう思ったからだ。(一日一歩ぐらいは外に出るようにしたのは、心ん中・うちの中、汚いと虫わくからさ? 一昨年こりた。大家さんがアパートの周りの木に農薬散布するという、人間関係、話しをしんといかんくなって煩わしかった。それから一日二回は玄関ドア開けて外に出ようかなと、空気の入れ替え。)

 こないだUpするために下書き保存しといたんだけど、NEVAって地球のことなのかよく分らんし(自訳だから)、元ページを知りたいと探してて、ガブリエルさんのページ(ポルトガル語)やっと分ったので、やっぱ元ページの翻訳にしようと思って。

f:id:daitenshiurieru:20210524024219j:plain

 自動翻訳 使った文章なのでヘンなとこあるかもです。以下、ネバ・ガブリエルELさんのページを転載させていただきます。ガヴリエルELさん、この物語に関わったすべての皆さん、DeepL翻訳さん、読んでくださってる皆さん、すべての生命体の皆さんに感謝です。ありがとうございます。[(_ _)]

                        草々。 2021.05.24. ウリ.

 

 

Souce:  ZETRON, ASHTAR E A REMOÇÃO DA AI (INTELIGÊNCIA ARTIFICIAL) DE ALFA CENTAURI - Sementes das Estrelas

 

Sementes Das Estrelas(スターシード)

 

NEVA (ネバ)

ゼトロン、アシュタール、アルファケンタウリからのAI(人工知能)の除去

 

Por NEVA (GABRIEL RL) - 2019年4月26日

 

f:id:daitenshiurieru:20210604044052j:plain
 

 

 数十億年前のケンタウルス座アルファ星系には、天の川銀河をはじめとする惑星の支援を専門に行うグループがいくつかありました。様々なコマンドー、様々な種族の様々な存在。そこには「アシュタリアン」文明の発祥の地がある(アシュタールはケンタウルス座アルファ星からやってきた)。

これらの様々なグループは、存在する様々な分野に特化していた。そのシステムの様々なグループの中に、過渡期の安全保障を専門とする艦隊の司令官がいた。惑星システム全体や、移行期にある惑星を保護するエリア、そこでは、宇宙の大事業を取り仕切る高い天空の力に忠誠を誓い、誰からも尊敬され愛されていた、この司令官は「ゼトロン」と呼ばれていた。

 星系の主星の近くにある惑星で、小さな不調和が起きていることは、上級司令部の知るところであった。それは、例えば地球のように移行期にある惑星ではなく、4次元の惑星で、実際に艦隊や移行期の伴走者のリーダーを目指す、恒星の指揮官のための大学のようなものだった。その星系にはいくつかのポータルがあり、アルファ星系の様々な地域や他の銀河からも「学生」が集まってきていた。その大学は銀河系の中でも最も効率的で「学びの早い」大学として知られていたからだ。

その惑星/大学は、アシュタル・シェランと呼ばれる人物をトップの監督としていた。

 アシュタールは別の星系で任務に就いていたが、その星で起こっている不調和を知った。そこにある「学生」の入り口のポータルは、惑星に入って行動しようとしている一種のAI(人工知能)からの一種の異常な干渉を受けていた。

すぐにアシュタールを介して最高司令部は、その状況を直接支援するために、その惑星への介入を決定した。アシュタールが全幅の信頼をおいていたゼトロンがミッションに呼ばれた。また、ゼトロンはポータルに関する多くの能力を持っていることでも知られている。彼は強力なゲートキーパーだった。ゼトロンもまた、艦隊司令官として「聖別」されたばかりだった。

ゼトロンはすぐに任務を引き受けた。これは彼にとって初めての大きな任務のようなもので、アシュタールや上層部の信頼を得られたことを嬉しく思うと同時に、状況がデリケートで、現地で何が起こっているのか正確にはわからないため、不安にもなったという。少なくとも、彼自身、ゼトロンは間近で状況を見るまで何が起こっているのかわからなかった。司令部の優秀な分析者による分析は、この既知の宇宙の外からの人工知能の干渉を如実に示していた。

 そのアルファシステムの全員が物理的な4次元の体を持っていました。アシュタール自身も、その空間に肉体を持っていました。そこに入り込もうとしていたAIは、アルファシステムのものよりも明らかに高度なもので、少なくとも彼らが使っていた技術は、あのアルファ司令部の科学者たちにとっては多少未知のものだった。アシュタールは、まるですべてを知っているかのように「遠くから」すべてを見守っていたが、同時にそこにいる自分の艦隊を信頼し、事態の解決に努めていた。

アシュタールは、地球人の目にはとても若く、15歳の少年のように見えた。ゼトロンは14歳、ゼトロンの指揮下にある艦隊の多くは14歳から18歳に見える。

 ゼトロンは要請に応じてミッションを担当し、すぐに惑星に存在する1000以上のポータルを確認し、そこで起こっている干渉をチェックしに行った。ポータルの中には、学生を惑星に連れて行くのではなく、銀河系内の異常な状態にあるヌルゾーンに連れて行くものもあった。まるで、いくつかのポータルが再構成されたかのように。

ゼトロンは数十億年前にポータルの専門家となり、この惑星でポータルとそのゲートキーパーになるためのクラスを教えていました。

 

 ポータルの異常はますます激しくなり、ゼトロンは問題を解決するために「急いで」、言ってみれば設定が崩れたポータルを「閉じた」のである。すべてのポータルを徹底的に調査し、そこに入るハイテクAIを特定しようとした後、ゼトロンは失敗したポータルを閉鎖し、再構成のためにそれらを引き継いだ。他のポータルは、ゼトロン自身によって「テスト」され、安全で使用可能であることが確認された。そして、それらは大学にやってくる人たちに使われ続けた。しかし、このような集中的な回収と深い分析を行った後も、ゼトロンの分析システムは、まるで惑星ですでに完全に稼働しているかのように、そこにAIの存在を確認し続けた。彼らの技術は非常に高度なものであり、ゼトロンが活動する最高司令部の部隊にとっては、予期せぬ訪問者を一目見て対処できないことは、冗談のように思えた。

 そこには、1000以上の既存のアクティブなポータルがあった。正確には1013ポータルです。ゼトロンたちの分析によると、100人以上が異常に感染していました。これらはすべてシャットダウンされ、ゼトロンたちは状況をさらに把握するために作業を行うことができた。他はオープンで活動を続けていました。予測通り、AIはすでにその惑星で活動しており、基地やサーバーに情報を中継したり、さらにナノレプリケータークローナーを送り込んだりして、その惑星を完全に再現しようとしていた。

彼らは、偉大な知性がそこを通過していたので、彼ら(人工知能)は、ワームウイルスhttps://pt.wikipedia.org/wiki/Worm)のように、そこでのすべての経験を再現したかったのですが、彼らは、惑星そのものであり、教師自身であり、教えるという考えそのものであり、命令そのものでもあります。要するに、オリジナルを破壊して、レプリカとして同一のコピーを作りたいが、実際には彼らになってしまう、ということだった。

 ゼトロンは艦隊と何度も会合を持ち、アノマリー・ポータルの調整を強化した。他の星系で任務に就いているアシュタールは、常に何が起きているかを知らされていた。

当時のゼトロンは、異常検知システムが惑星のグリッドに深刻な違反があることを指摘し続けていたため、非常に心配していた。また、開いていた他のポータルも感染していたが、ゼトロン自身が自分のエネルギーフィールドでテストし、解放していたのである。

 他のシステムから大学に来るビーイングも増え、ゲートの故障の通知も多くなってきた。さらに、これらの存在は銀河系のヌルゾーンに運ばれ、そこでAIポータルが彼らをフィールドに捕獲し、複製してホームシステムに戻しました。そうして、このウイルスは広がっていくのである。

ゼトロンは、再び自分の艦隊と、様々な分野の専門家との会合を開いた。そこには、技術やセキュリティの最高の専門家がいた。でも、AIがどんどん入ってきて、そのシステムの防衛システムと「戦い」を始めてしまった。

 

 大規模なAIの集中攻撃があり、他のすべてのポータルもさらに感染し始めました。システム全体では、すでに何が起きているかわかっていた、アシュタールにはすでに警告が出されており、その間にゼトロンは艦隊を率いてAIの行動を止め、無効にするために現地で活動していた。

ゼトロンは艦隊で作戦を練った。ゼトロンは、その異常を無効にするための非常に強力な秘密のコードを知っていたが、彼自身がすべてのポータルの中に飛び込まなければならないため、非常に危険であった。量子爆発の危険性があり、そのシステム、さらにはゼトロンの体すべてに劇的な影響を及ぼすことになる。

彼の艦隊の一部は、彼と一緒にポータルに入り、コードを作動させることを申し出た。コードを作動させれば、さまざまな分析によれば、すべてのポータルを更新してその異常を無効にすることができるし、あるいはポータルを爆破してさらに大きな異常を引き起こすこともできる。

その時点で、その大きな大学で行われていた「講座」は中断され、すべてはその問題を解決するための活動になった。他の星系からもスターフリートが到着し、状況は悪化していた。その環境のフィジカルはすでに深刻な影響を受けており、ウイルスのように広がっていました。

 ゼトロンは、他のポータルについて「間違った分析」をしてしまったという罪悪感を感じていた。100個以上の欠陥を検出して閉じてしまい、他のポータルは「大丈夫」と信じていたが、完全ではなかったのだ。しかし、アシュタールやハイホストから直接託された最大のミッションであるこのミッションを解決するために、彼は決死の覚悟でグループの総力を結集したのである。

そこで、ゼトロンは1人ですべてのポータルに入り、コードを適用して異常を無効にするか、あるいは試みようと決めた。どういうわけか、すべての惑星はすでにAIによって完全に複製されており、この試みはすぐに行われるか、現時点では他に代替手段がないかのどちらかであった。

他の4人の存在は、ゼトロンが持っていた特別なコードを持っていなくても、彼自身がコードであるため、直接の援助として彼と一緒にポータルに入りたいと申し出た。彼らは、アスワウ(高量子技術の専門家)、スヴロン(体感の専門家)、グローバン(核の専門家)、ストロン(磁場の専門家)である。

 

 予測通り、最初に入った33のポータルでは、予想外の量子反応が起こり始めました。ポータルのエネルギー活動が大幅に増加し、すべてのポータルが地球のコアと相互につながっているため、地球のコアにも深刻な影響を与えました。この惑星は「ネバ」と呼ばれていた。

ゼトロンはすぐに、同行しているアズワウ、スブロン、グローバン、ストロンに身を引いてもらい、メインベースに戻った。ゼトロンがポータルに入るたびに活動が活発になり、最高司令部は「惑星全体を爆発に導く可能性があるので、やめたほうがいい」と警告した。すでに99以上のポータルが完全に再構成されていたため、ゼトロンは彼らに信頼してほしいと言った。そして、爆発の危険性が飛躍的に高まりました。ポータルサイト222に到着すると、活動が急激に活発化し、「レッドアラート」が発令され、皆が「ゼトロンに出てきてほしい」と実質的に「叫んで」いた。

単なるフィクションのように聞こえるが、真実であり、真実以外の何ものでもない、それが起こったのだ。ゼトロンは出てこないまま、すべてのポータルにどんどん入っていき、333に到着すると、地球上のいたるところで爆発が始まった。

 

予測通り、惑星のコアで大爆発が起こり、すべてのポータルに反響があった。すべてのポータルはコアにつながっていた)すべての物理的な惑星の一部が爆発し、ネバはもはや同じではなかった。

すべてのポータルが閉じられた。そこではAIの活動が無効化され、そのシステムや周辺で感染した(ナノ)人たちは異常が「治癒」した。ゼトロンは行方不明。

ゼトロンからの情報はありません。何もない、何も見えない。ゼトロンは、若くて背が高く、180cmあるハンサムな指揮官だった。うなじまでの長さのブロンドの髪(ミディアム)。白い肌、ダークブルーの瞳、輝いている。彼の手にはダークブルーの磁力線が浮かび上がっている。背中に青い翼ができては消えていくのが見えることもある。それは、大天使ミカエルの高い命令の天使で、そのシステムでそこに転生した。

 地球の一部が完全に破壊されていたのは、前述の通り、地球の約65%。地球の時間が半年近く経過した頃、ゼトロンは姿を消した(注:ゼトロンチームの検知システムはなぜ彼を見つけられなかったのか? なぜなら、惑星の魂であるネバが、その間、惑星をある種の隔離状態にして、変成プロセスの中に置いていたからです...)。

その欠けた時間の後、惑星のコアから信号が送られ始めた。

ネバのコアにいたのはゼトロンだった。爆発とともに吸い込まれてしまったのだ。

信号の送受信で、司令部の全員が彼の様子を伺っていた。テレパシーで「違う......うまくいった」と冗談めかして答えた。そしてゼトロンは尋ねた。

ストロンズは、「地球の一部が完全に破壊されたので、多少はね」と答えたが、最終的にはすべてのAI活動は中止されていた。どのセキュリティシステムも、AIの活動やその他の異常を一切検出しませんでした。そして、まだ活発に活動していたコアからゼトロンを取り除く作業が始まった。

彼は、テレポーテーション・チェンバーと呼ばれる特殊な輸送室を使って、すぐにそこから運び出された。救出されたゼトロンは輸送室の中から姿を現し始めた......そして彼が現れたとき、目を見開いて口を開けていた人たちは、その光景に本当に驚かされた。

あの背の高い、金髪の、大きな青い目の存在は、もはや同じではない。

彼は変わっていた...彼の髪は今までと違って後ろに梳かれていて(今までは緩くてフワフワしていた)、銀色の色調で、彼の目は青と銀が混ざっていて、より銀色に近かった。

彼女が着ていた美しいジャンプスーツも銀色で、光の加減で今まで着ていた紺色とは違う青色に変化した。彼女の外見はより女性的で、男性と女性の間の絶妙なバランスを保っていました。以前の姿とは違い、もっと男らしい表情をしていました。

 今、ゼトロンは自分のフィールドをネバと融合させていた...その惑星の魂である女性のエネルギー...ネバは、彼自身も知らないゼトロンの表現だった。あの爆発、すべての出来事、そして何もないような、偶然のような、すべての出来事が今回の変身につながったのです。

ゼトロンはその惑星のエネルギーと完全に融合し、その星系で最も美しいアンドロゲンを持ち、30~40歳の外見を持つようになった。

 

 ゼトロンの新しい姿に怯えた後、司令船の中で響いた声...それはアシュタールの声だった...ゼロ・アイ、ゼロ・アイ...

そしてアシュタールはホールの真ん中に現れ、ゼロ・アイと呼ばれるようになったゼトロンに微笑んだ。アシュタールが近づき、彼の目を深く見つめた。アシュタールの前では、ゼロ・アイがお辞儀をし、皆も同じようにお辞儀をしました。ゼトロンは特別な聖別を受けていた。彼のエネルギーフィールドを拡大し、さらに大きな光の軍隊を指揮する権利を得たのです。

アシュタールは笑顔でとても幸せそうでした。彼はゼロ・アイに、遠く離れた、まだ形成途中の星系での、ある惑星でのミッションについて語り始めていた。地球。アシュタールは、光り輝く長老たちがたくさんいる環境で、特別なゾーンに入った。彼らは皆、白い服を着て、美しいダークブルーのエネルギーを放っていた。ゼロは、この環境の中心に連れて行かれた。部屋の中央で、頭を下げて、長老たちの光の投影を受けた。紺色の光に銀色の輝きが混じった文字や数字が長老の手を離れ、部屋の中央にいるゼロ・アイに向かって浮かんでくるのが見えた。S...S...E...E...D...R...E...A...A...C...K.... 0...I... (SEEDREAACK 0I >>> ZERO I)

( SeeDreaack 0i (Zero i)は天球のコードで、0=コマンド内のユニット、i=スパンサーのエネルギーを表します。創造の一次エネルギーの代表。アクション・エネルギー - マイケル・レギオンのブルーの原動力。特に "Zero i "は、その名前が低次のアストラル面や表面上で言語化されたときにのみ、負の流れを崩壊させます。また、このコードは多世界での彼を識別するものでもあります。

ゼロ・アイの服で言えば、7次元から13次元まで活躍します。アストラル圏、銀河圏、地球物理圏におけるスターシード・ミッションのコマンダーのローブです。)

そのセクターの最高司令官に任命された彼は、特別な艦隊とともに、アシュタールによってすでに可視化され指示された将来のミッションに備えるために、その力を自分のフィールドに受け入れました。そして、この未来のミッションのために、様々な星系に何人もの人間が集まり始めた...。

 

 この惑星、ネバをどうにかして再建しなければならない。奉献から戻ってきたゼロ・アイが、この再建作業を始めました。地球全体が荒廃し、生物がいなくなってしまったのだ。その惑星の精神であるネバ、その惑星の肉体に宿った女性の魂は、もう一つの顕在化した表現であるゼロ・アイと深く調和していました。

ゼロ・アイは地球の肉体に降り立ち、岩の上に座り、360度どこを見ても調和的に頭を回転させ、「ネバ...」と言い、空に向かって手を上げ、すべての天空の力にその瞬間を見てほしいと頼んだ。ゼロ 私は泣いた、起こったすべてのことに泣いた。というのも、彼はポータルがまだ汚染されていることを「見抜けなかった」ことや、ポータルを使用できるようにしなかったことに対するある意味での罪悪感を感じていたし、AIによるシステム全体の汚染を避けることはできたが、すべての破壊を避けるための「効率が十分でなかった」ことに対する罪悪感を感じていたからだ。

彼は罪悪感を感じていた...彼は頭を下げ、遠くにいる彼のグループの皆が彼を見ていた...ストロンズが彼に近づき、何か必要なものはないかと尋ねたが、彼は頭を下げてノーと言うだけで、ストロンズはまた遠ざかっていった。ゼロ私は泣きながら再びネバを呼びました...「ネバ...ネバ...ネバ...!」。

その物理的な瓦礫、暗闇と破壊の砂漠の中から、美しい花が生まれるのが見えました......その花があっという間に生まれるのを、私は冷静に見ていました......それは、Zantedeschia aethiopicaでした(Glass of Milk: https://bit.ly/2ZtUHNh)。

ゼロはその花がすぐに生まれるのを見て、その花のところに行って笑った。それは、ネバからのサイン...ネバからの贈り物だった。すぐに、すべての風景がミルクのグラスで満たされ、すべてが、地球全体が、数分後には地球全体がミルクのグラスで完全に満たされました。それは、ミルクのグラスで飾られた巨大な庭でした。素敵な香水、癒される香水です。そこは、ゼロ・アイの静かな休息の場となるだろう。(今のネバは「ゼロ・アイの惑星」であり、心を落ち着かせるエネルギーの植物になるだろう。地球などの任務で疲れた精神を休めるために、ゼロ・アイの精神がそこに行くのです。ガブリエルRLの人格であるゼロ・アイが、いつもミルクのグラスを好んでいて、本人もその理由を知らなかったことが、今では多くの人に理解されています。セメンテ・ダス・エストレラスのミーティング/イベントでは、ガブリエルRLがチャンネルを合わせたり、聖別式を行ったりするテーブルの上や、イベントの環境の全般的な装飾の中に、常にミルクのグラスの入った花瓶が置かれています。それは象徴であり、ゼロ・アイの象徴である。その物語の、その瞬間の象徴。ネバの贈り物をゼロ・アイに)。)

 

 当時活動していたすべてのPVSEチーム、そして個人的な理由で離れてしまった人たちも、この物語の一部であり、その場にいて、起こったことをすべて見ていました。そして、これから来る人たちも、そして何千何万という読者も、この物語の一部だったのです。このPVSEのミッションに深く関わっている人たちや、今はまだ関わっていないけれど、なんとかPVSEにたどり着いた、あるいはこれからたどり着こうとしている人たちも、このイベントに参加しました。

 

地球上でのゼロ・アイの使命については、「プレアデス1」の用語集

https://www.sementesdasestrelas.com.br/letra-z

それは、イエス様が私に見ること、伝えることを許してくれている範囲です。

ガブリエルRL

ガブリエルメモ:三人称でチャネリングしたので、自分だけなのでその場では感情的なつながりはなく、可能な限りクリスタルな方法でチャネリングしました。

この情報パッケージを受け取る直前に、ベータ・ケンタウリからの生命体のグループから連絡を受けるようになった。寝ようと思ったら、テレパシーで呼ばれるようになりました。それは、ベータ・ケンタウリ星系の「アゾランズ」というグループだ。艶のあるオイルブラックのオーバーオールを体にぴったりと貼り付け、首の下にはわんぱくな月の形をした開口部があり、胸元が少し見えている。 白人、金髪、青い目、身長は約2メートル。彼らはこの物語につながりがあり、これらのイベントをすべて見ています。

現在、彼らは地球上で肉体を持ち、アイルランド(ヨーロッパ)の地域にいます。このチャネリングで報告されたすべての出来事の後、ベータ・ケンタウリのように、ゼロ・アイを特別な任務のために呼び始めた星系がいくつかあった。ベータ・セクターはある事態に陥っており、ゼロ・アイとその艦隊に支援の要請があった。そこから肉体を持った何人かの存在が、侵略のためにシステムを去らなければならなかった。その星系のハトロニスという艦隊の司令官がゼロ・アイに助けを求めてきた。ゼロは彼の艦隊を連れて行き、この状況を解決しました。そのベータ星系の惑星は侵略の影響を大きく受け、別の星系に移住することにしたのだ。彼らはプレアデスに移住し、スターゲートを通って地球にやってきた。彼らは何千年もの間、地球上で生活を続け、高い技術力で時々体を変えながら生きている。彼らはすでに述べたアイルランド以下の地域に拠点を持ち、積極的に活動しています。すでに肉体を離れてアストラル界にアセンションした人もいれば、そこに残ってゼロ・アイの注目とサポートに感謝している人もたくさんいます。ゼロはある意味では彼らを助けたことになり、彼らは今日までとても感謝しており、どこに行っても彼の任務を手伝うことを約束している。彼らの多くは、2年後に肉体を離れ、スピリチュアルゾーンに行き、地球人としてテランの肉体面に転生し始める。また、ガブリエルRLとしての今回の転生の後、将来アフリカに転生する際には、ゼロ・アイとの転生をサポートするようプログラムされている。

 

 

CONSAGRAÇÃO DA “ORDEM DE NEVA”: https://www.sementesdasestrelas.com.br/consagracao-ordem-de-neva

Se você deseja apoiar financeiramente o trabalho, clique Aqui

Canalizações, tecnologias, consagrações, meditações, palestras e atendimentos com Neva (Gabriel RL) CLIQUE AQUI

É até onde Jesus me permite ver e transmitir.

Pela Verdade, nada mais que a Verdade,

Em Amor e Bênçãos,

Neva (Gabriel RL)

 

 

https://www.thetimes.co.uk/imageserver/image/methode%2Ftimes%2Fprod%2Fweb%2Fbin%2F8b0bca16-e708-11e7-b046-23180179278b.jpg?crop=3327%2C1871%2C31%2C718&resize=685

(*写真: Zantedeschia aethiopica at DuckDuckGo より.)

 

https://www.sa-venues.com/plant-life/graphics/zantedeschia/2.jpg

(*写真: Zantedeschia Aethiopica {Arum lily} より.)

 

 

f:id:daitenshiurieru:20210524024326j:plain

(*写真: Zantedeschia aethiopicaってカラーのことなのかな分らないや、これ全然違うけどジャーマンカモミール、畑借りてた時 植えた。

 


 

 

 




TOPへ ↑ 戻る