シリウス・峠のランプ 大天使ウリエル

 すべての動物すべての生命体が、自由で安心で、健康で、楽しく、幸せに暮らす地球になるのが遅すぎてイヤになった。NESARA知らない人もまだいるみたいだしね? で、ブログ始めることにしました。 草々。 2017.8.4.ウリ.

“なぜ〈塩と水〉だけであらゆる病気が癒え、若返るのか!? 医療マフィアは【伝統療法】を知って隠す”を読んで、何も知らない、知るすべも持ってないお年寄りの方々が、喰いもんにされてる、お金に支配されたバカみたいな狂気な社会を終わりにするには、彼らの子供である若い方々は、真実を知ろうとし、学び、教えてあげないといけないと思う。お年寄りの方々のお蔭で今がある。弱者が守られ、すべての生命体が安心して健康で自由で、楽しく暮らせる世界にもうならないとね!?

 

 もう何年も前のこと、父は、「父のお母さんは、父親にあいたかっただ」と言っていた。

祖母が、自分のお父さん(自殺)にあいたくて死んじゃった(自殺)気持ち分るような気がするなと、一昨日だったかまたふと思い…涙が頬を伝わり流れた。なめてみましょうと、なめたらしょっぱかった。

身体は海水でできてるんだもんなと思った。お水は意識をもった生命体だということつい忘れてる。身体のお水を破壊したり、汚したりするようなヒドイ言葉を使ったり、毒な物を食べると、小さな生命体達に負担がかかるの忘れてる。

身体には、私達と同じような意識を持った沢山の小さな生命体が暮らしてるのかもしれない。『身体は意識のある微生物の集合体』だということ今ひとつ実感できてないからつい忘れる。

 「娘が父の見舞いに来て興奮させたからオシッコが出なくなった、来させるな」みたいなことを言う病院って、ろくなもんじゃないとアタシは思うだけど、実家の兄達はそうは思わないみたいで、そんなクソ病院に今も父を入院させてる。洗脳されるってほんと怖ろしい? 塩が足りてないだけかもしれんけど、感受性がバカんなってる? 真か偽かの見分けがつかないみたいだ。闇側にお金を払ってまで隷従してる (-_-;)  たった一人しかいない実の兄弟なのに (T_T) 父のことや話をしたいからここに訪ねてきてと伝えてと、勇気を出して母に電話し言ったんだけど、未だに電話もかかってこない。

 父はアタシが来るのをいつも待っててくれたみたいだし行きたいんだけど、でも行ってまた、K医院の人達に父が何されるかわからんし、(去年、寝たきりんなってる患者さん達の病室、父が今いる同じ部屋だったかは定かではないけど、その病室を通って外に出るように案内された。人数もっと多かった)K医院の雰囲気が恐ろしくて行けなし、ここんとこずっと、震災後、助けてくれる信頼できる存在が誰もいない、どうしたら治るのか分からない、あの地獄だった日々の再来のような気分だった。何もする気しんくて、リハビリしてくれる他のいい病院を探す気力もなく、海に何度も行った。眠って夢でアドバイスを受けたかったけどちっとも眠たくならんかった (・・?

初日k医院に行った時、「お父さん今年米寿だった…ご免ね…」って父に言ったら泣けてきて、父は、「なにを言うだ…良くなるでいいよ」と言ってた。翌日も不安で元気でんくて、K医院に行くの遅くなっちゃって、夕方行ったら、父は「何もしやがらん」と怒っていた。父は、「アタシのとこに行くかなぁ」と言ったんだけど、その時アタシが「うん」と言えればよかったんだけど、トイレのことが不安で(ココのトイレ狭い)心の準備もできてないし「もうちょっと何か考えるで待って」と言った。

介護師のオムツを見てもいいかの問に、父は、「見てもいいけどねえ…」となんか怒りぶしで怒ってる感じだった。介護師は、「今日は散々言われてますからと、ほら(アタシがいると)興奮するから」みたいなことを言った。アタシが夕方遅くに行く前から、父はトイレの世話とか何もしてくれない、オムツにした介護の人に怒ってたんだ。アタシが行ってから父が怒ったんじゃない。介護の人も「大変だからオムツにさせてもらった」と言っていた。ただ彼女らは人手もなく面倒で世話したくなかったんだと思う。初日に車椅子のお婆さんが「ここの看護婦はとても薄情だよ?」と言っていた。そのお婆さんと接してる様子からもそんな感じがした。(人の世話って、意識が高いかたでないとできないよね? 大変だもんね?)

 足なんか全然動くのに、父がオムツにされたことで益々元気出んくなって、その翌日もすごく行くの遅くなった。ベッドに横になってた父は、「これ」と尿の入った管を指さした。アタシはショックだった。父は昨日とはうって変わって穏やかな表情だった。会話の中で、父は、「迷惑をかけるで、兄に迎えにこいと言え」と言った。アタシは「誰に迷惑をかけるの?」と聞いた。アタシは「ここの人はそれが仕事なんだからいいんだよ?」と父に言った。

人を従順にするフッ素とか入った薬物とか、父、もられたんじゃないだろうかと、少し気分が落ち着いたときふと頭をよぎっただよね? 精神安定剤とか日常茶飯事かもだし、精神科が出す薬なんか飲んだらもう最後? 怖ろしい?

薬物で人を操ることなんか容易いこと、無知な兄達は、医療の実態の恐ろしさをちっとも知らない、分かってないだよ?

アタシが飲ませてくださいと先日頼んだ、STAP細胞で有名になった玄米菌入りのお水、ほんの少ししか飲ませてなかったし、その日、父に飲ませてたら、それ何ですかと、「血圧が少し高いから塩はダメ」アタシは誰だと聞いてきた。「5時迄だから早く帰れ」みたいなことも言われた。だから短時間しかいれなかった。

父は長年の毒(薬)が身体に溜まってるし、今回も薬を使ってるだろうし(自然じゃないものは全部毒)、沢山のお水と自然塩をちゃんと取って、身体から排毒しんといかんのに、両方取らせないんだから、オシッコ出んくなるの当然なわけ? オシッコ出んくしたのK病院の人達だよ?

父はこのクソK医院に入る前こけて頭をぶった。救急車で運ばれ普通の病院に入院したんだ。そこの病院に入院してくれてた方がよっぽど良かったんだ(5月2日にリハビリに来ますからね? とリハビリのかた言ってた?)、そこでは父オシッコしたいと言って、看護婦さんがオシッコ入れる瓶の準備あわててしたんだけど間に合わなくて、父、看護婦さんにオシッコひっかけちゃってた(勢いよくオシッコが出てたっていうこと?)。だもんで、K医院が意図的にオシッコ出んくした可能性もあるわけ? 昨年、同室だった方で、尿袋をつけた中年の男のかた(車椅子)がいらしたけど、同室のかたに有機バナナ持ってったらダメみたいで食べさせてもらえない… あそこにいたら身体に必要な自然なミネラルが取れないから病気んなっちゃう?

 こんな感じで、お水も自然塩も取らせない、(生命エネルギーが沢山ある果物)バナナも食べさせない、全く身体の健康について分かってない人達(医師、看護婦、ケアマネージャー)、冷酷で共感能力がない闇側の人達が、商売営利目的で、運営してるのが病院なんです! 犯罪(虐待)だと思うだけどね? アタシは? だからへんな病院や介護病院なんかに入院させたら、じょじょに(殺人と分らんように)殺されるだけなんですに?

 「お水を飲め」というメッセージは多数高次元から(ハトホルからも)出ています。バシャールも『一日2ℓのお水を飲めれば病気の殆ど90何%だっけな(* .*)?治る』と言っています。

 自然な塩はとらんと排毒できんし、なんもやる気が起きんし、動けんし、身体がガキゴキでなんか痛いし、新陳代謝も起こらんし(足の裏の皮もベロンってむけんに?)、塩が足りてなかっただということは、ここに引越してきてから自分の身をもって体験してる! 母が動けんのも自然な塩が足りてないだけだと思う(今迄薬漬でその毒、排毒できんもん?)。皆ただ自然な塩が足りてないだけだと思う。もちろんお水がないとダメだよ?

 「減精製塩」なのに、減塩を鵜呑みにしてた数年前までのアタシはホントタダのバカだった (*_ _) 無知だった? ニャンコ先生達に毒な物沢山あげ酷いこと沢山してしまった? 自分の過去がホントイヤで (T^T) イヤになる…時々思い出してはイヤになる。なのであんま元気まだない。

 アタシのように手遅れで泣く前に、兄達にはヒドイことしてること気づいてほしい。

 

f:id:daitenshiurieru:20190527154453j:plain

 ちょっと前置き長すぎ😁

この本読んで、食塩の精製時、フッ素やアルミニュウム化合物を使ってるとあり (-_-;) ゲッ…そうだったのと、また、お水はたくさん飲まんといかんこと理解でき、お風呂こんな入らん汚ギャルるってただもんで老化するわけだわと思った。それと、自然で簡単な塩水を用いた療法が載ってるとこがいいし、ブログで紹介した方がいいなと思った。以下、少しだけだけど転載させていただきます。 <(_ _)>

 

医療マフィアは【伝統療法】を知って隠す

なぜ<塩と水>だけであらゆる病気が癒え、若返るのか!?

 …

 最新の調査では人体が水不足の状態で生きていかなくてはならない状況に置かれ、知らず知らずのうちに体内が乾燥していたことが大小さまざまな病気の原因であり、死をもたらす元凶であることが明らかにされています。自分にとって大切な人が、1枚の枯葉のごとく散っていったとき、その死の一番の原因は体内が水不足ゆえに乾燥していることに気づかなかったことにあるのです。…

…病気を治すのは医者ではなく、私たち自身が持つ「免疫力と自然治癒力」なのです。…

 私たちが犯している大きな過ちが、水を飲むだけで痛みを和らげることができるのにもかかわらず医者に通うことです。医者に行った瞬間から、私たちは患者というカテゴリーに分けられ薬を与えられます。実際には体の乾燥を知らせようとしているこれらのサインは、医学界や製薬業界にとっては願ってもない増益のチャンスだからです。…

簡単な例を挙げましょう。高血圧の原因は体が長期間にわたり、水不足の状態にさせられていることにあります。

 これに対して計画的な水補給がされれば高血圧は解決されます。そして、体内の水のバランスを保つために、1日に約2~5gの精製されてない天然塩を摂取すれば良いのです。まったく単純明快な解決方法です。

 これに対して医者に駆け込んだ場合のストーリーを想定してみましょう。

 (*ご自身や身の回りのかたが辿った悲惨な現状を思い返して見れば分ると思うので、この部分は省略)…

 

「老化」とは脳と神経のエネルギー源である水が失われて、乾燥していること!

 

 標準的に成人の人体には1日最低2.5リットル程度の水が必要であることが明らかにされています。生物が今の複雑なエネルギー生産能力を身につける前まで、必要不可欠なエネルギーを体内の水分から生み出していたからです。今でも人間の脳と神経における最も基本的なエネルギー源は水です。体内を自由に動き回る水分子が細胞膜から中に浸透する際にエネルギーを生み出します。

 

 赤ちゃんは、お母さんの子宮で塩水に包まれて成長します。

 

 人体における水の役割はエネルギー生産だけではありません。細胞の物質交換(つまり代謝)の結果として出る老廃物(または毒素)を体外に排出しながら、体のpHバランス、つまりpH値を7.4に保ちます。人の体は20歳を超えると、水分を失っていきます。これが「老化」と呼ばれる現象ですが、理由はまだ明らかになっていません。しかしこの自然な乾燥に加え、毎日水を飲まないと乾燥のスピード、つまり老化のスピードも速まります。…一生健康でいるために、問題を解決して健康を取り戻すために、第一に水がどれだけ大事なのかということを、第二に体内のさまざまな機能と役割を、第三に恒常的な水不足が人間の健康にいかに影響をするのかを、そして最後にこれらを克服するための解決策が何であるかをよく理解する必要があります。

 

水と塩は人体にとって一番大切な栄養素、高品質なものを選び摂取しよう!

 

 人体の75%は水です。この水は細胞液であると同時に、細胞同士の間を埋める溶液でもあります。つまりすべての細胞は体内の水分に浸っているのです。そして、この細胞液は海水と同等の成分でできた「塩水」です。

 体における「浸透圧」と呼ばれる現象は、細胞液と細胞外液との塩分濃度の違いによって生まれます。水と塩はともに体内の水分量のバランスをとるために欠かせない物質で、その仕組みについては後ほど説明します。

 水と塩は人体にとって一番大事な栄養素です。この栄養素を体が必要な量と品質で摂取する必要があります。水と塩を必要なだけ摂取しないと、体のバランスが崩れます。水と塩の欠如によって発生するエネルギーおよびミネラル不足を他の物質によって補う方法はいまだに発見されていません。それにもかかわらず、産業化に伴って最も欠如している栄養素は、この二つなのです。もし基礎が完全でなければ、どんな優れた建材を使っても、しっかりとした建築物を建てることはできません。現代社会において健康が脅かされている最大の理由は基礎となる水と塩の品質が低下し、かつ摂取量も減ってしまったことにあります。…

 

製薬業界が教えたくない“水”という最高のクスリ

 

 喉が渇いたときに水を飲んでるだけでは、体が必要とする水を十分に摂取しているとは言えません。体が一日に必要とする水の量は、体重1キロあたり30ミリリットルであると知られています。…

 水の需要をコントロールするのは成長ホルモンです。成長期の終わりとともに成長ホルモンが減少し、脳は「喉が渇く」というサインを出さずに乾燥を違う表現で表します。

 体の乾燥を知らせる二つのサインがあります。

 1.一時的な水分補給を求める喉の渇き

 2.恒常的な内臓や体全体の乾燥を知らせるさまざまなサイン

 実際には二つとも、体が水を必要としていることを知らせるサインです。体は二つの乾燥状態を異なった表現方法で訴えます。なぜならば、一時的な乾燥と、長い間乾燥が繰り返されたことによる乾燥は別の現象だからです。

 脳による一時的な乾燥を知らせるサインは「喉の渇き」となって表れます。しかし、歳を重ねるにつれ、喉の渇きと空腹の違いは小さくなっていきます。脳にとっては、渇きであれ、空腹であれ、どちらも体内のエネルギー不足を意味するからです。長い間、水を飲んでいなかった人は、この違いが感じられなくなります。逆に子供の頃から十分に水を飲んできた人たちは、喉の渇きと空腹の違いがどんなに小さくても感じ取ることができます。

 長い間、水を飲んでこなかった人や、水の代わりに他の飲料を飲んできた人が、喉は乾いていないと思い込んでいること、そのために水を飲みたいと思わない…

 

「水を飲んだ」と錯覚させる水以外の飲料の危険性、カフェインやアスパルテームの恐ろしさ

 

 甘い加工飲料を飲むと、喉の渇きがよりいっそう増したことに気づきます。…これらの飲み物は腎臓の尿生成を活発化し、体内にあった水をも外に出してしまいます。これこそ糖類(特に人工甘味料)の入った加工飲料を飲んだあとに、いっそう喉が渇く理由です。飲んでも渇きが解消されないこれらの飲料は、「もっと飲みたい」という欲求を起こさせ、私たちの体内の水を奪い、エネルギー不足を加速させる悪いサイクルをもたらします。…

  人体に水を取り込むためには天然塩の助けが必要になります。(水を飲むだけでは十分ではありません。このことについてはナトリウム・カリウムポンプの節で扱います)しかし医者たちは私たちにできるだけ塩を摂取しないようにと、そうでなければがんになると忠告します。ましてや高血圧の人には「減塩するように」と、厳しく言います。このように述べる人は、本当の塩が何であるかを、天然塩と精製された塩との違いを、そして塩が体においてどのような役割を担っているのかを知っているとは到底思えません。…

 …アスパルテームという化学甘味料…この物質に対して、近年特に若者の間で広がっている「黄斑変性症」と呼ばれている目の病気(ひどい場合には失明の危険性もあります)との関連性が指摘され、近年益々拡がりつつある脳腫瘍や精神的な病気の数々も、このアステルパームの消費との関連が疑われています。…

 

「痛み」の役割とは、体が乾燥しているサイン!

 

体内乾燥のメカニズムーー「がん」と呼ばれる突然変異も体内の水不足から!

 痛みは体内の乾燥を訴える警告で、脳に対して対策を練ることを要求します。すると脳は水不足に苦しむ臓器の働きを抑えながら、エネルギー需要を減らすことで、個体からのエネルギー生産を阻止しようとするのです。…

 

水不足がもたらす精神的な影響ーーイライラは恒常的な乾燥のサイン

 体内が知らぬ間に乾燥に侵されると、大抵の場合、ストレスを感じ攻撃的になります。水不足は生命を脅かす危険であるため、生物はストレスを感じるのです。…体が感覚的、精神的にどのように水不足を訴えようとするのか、次のように挙げることができます。

 ・急激な運動や力仕事をしない状態での恒常的な疲れとだるさ

 ・睡眠障害(朝起きられない)

 ・原因のわからない恐怖感と精神不安定

 ・必要のない怒りやいらつき(感情のコントロールができない)

 

 人体の、特に脳の主なエネルギー源は水であると説明しました。体内で生じる恒常的な水不足に対して、最も影響を受けやすいのは脳なのです。…

 

「痛み」の正体は病気ではなく自己防衛メカニズム

 もしも私たちが、これらの警告を正しく理解せずに、「痛み」を単なる病気としてとらえ病院に駆け込めば、処方された薬によって痛みを発している器官を制御されるだけとなってしまいます。そしてこの行為は、体内の問題を日々、解決ができない状態へと近づけてしまうのです。

 

「痛み止め薬」はどのように作用するのか? 薬は体内の水をさらに奪ってしまう!

 

高血圧には水と天然塩が必要な理由

…(←*省略の意)

 高血圧は通常30歳以上の人によく見られます。その理由は体内の水分量が20歳を超えると徐々に減っていくためです。現代社会において、日々高血圧の患者が増え、発病年齢も若くなってきています。多くの人が十分な量の水を飲んでいないためです。

 もちろん、理由は他にもあります。栄養の偏りや運動不足、環境汚染、アルコールやタバコ、コレステロールだども、その要因として挙げられるでしょう。十分な水が体内にない状態でこういったストレスにさらされると、私たちの体は持ちこたえることができません。

 今でも、医学界においては塩の摂取も高血圧の要因であると言われています。前にも述べたように、これは間違っています。なぜならば社会はいまだに天然塩と人工的な塩化ナトリウムの違いを理解していないからです。これには医者も含まれます。

 体には栄養素となる「本物の塩」が必要不可欠なのです。「本物の塩」を適量、毎日摂れば、体内の水分調節、エネルギー交換がスムーズに行われてpHバランスを整え、体を暖め、私たちは元気になることができます。

 体内に十分な量の天然塩が摂取されないと、水を蓄えることができずに体が乾燥し、活力を失ってゆっくりと死に近づいていきます。このことをあまりに多くの人が知らないがため、不必要な医療費が膨大に発生していると、私は考えています。

 何億年もかけて降った雨によって地上にあったミネラルが海に運ばれたことによって、海水には自然界におけるすべての水溶性の物質が含まれています。

 天然塩は数十種類のミネラルを含んでいます。人体には、この塩が必要なのです。何年もの間、この真実を多くの人が知らずにきました。その理由は天然塩と他の物質(ミネラル)を含まない塩化ナトリウム(NaCl)の味が似ていたためです。しかしこれは似て非なるものなのです。…

  なぜ高血圧の人は天然塩、特にヒマラヤ産クリスタル岩塩を摂取しなければならないのでしょうか? なぜならば、水は塩なしには体や細胞膜の内部に入り込むことができないからです…

 

高血圧患者に処方される降圧剤の危険性をわかっているか?

 

高血圧の克服は、まず水を計画的に飲むことから!

 

体内の乾燥化が正常細胞をがんへと変化させている!

 

電子レンジが人体のエネルギーに及ぼす悪影響

 がん細胞は、生きるのにふさわしくない環境の中に取り残された細胞が、生き残るために、その劣悪な環境に合わせて自らを変化させたものにほかなりません。…

 

 細胞における生命活動ーー中性のpHバランスにも水と塩が不可欠

 

浸透圧こそ電気エネルギーを発生させる人間の生命の根幹!

 水は、その性質から濃度の薄い所から濃度が濃い所へ流れます。間に透過性のある壁があったとしても、これは変わりません。水は細胞の外の濃度の薄い環境から、濃い環境へと移動します。これは細胞液と外の液体の濃度が等しくなるまで繰り返されます。しかしこれらの濃度が等しくなると、機能は止まってしまうため、生物はこれに対してメカニズムを発達させて、細胞液と外の液体の濃度を生物が生き続ける限り、等しくはしません。生物は濃度差によって発生する浸透圧を、「ナトリウム・カリウムポンプ」と呼ばれるメカニズムによって保ちます。生物の最大の神秘は、ここにあります。

 体内を自由に巡る水は細胞膜から細胞内に浸透する際に、電気エネルギーを発生させます。このエネルギーの源は、二つの液体の塩分濃度の違いです。脳や神経のエネルギー源は、まさにこの電気エネルギーなのです。…

 生命とはエネルギーです。エネルギーなしには生命の存続は不可能です。人間が十分な水を摂取しないと、体は固形物質からエネルギーを生産しなくてはなりません。病気に悩まされるきっかけは間違って踏み出してしまったこの一歩にあるのです。…

 

細胞膜の水路である「アクアポリン」の発見でますます水の重要性がわかってきた!

 

細胞の水と塩による水力発電、ナトリウムーカリウムポンプとは何か?

 

体のpHバランスの崩れと水不足が痛みを発生させる

 キニーネの細胞における役割は痛みを発生させ、水不足の状態にある部位の動きを制限しながら、水を使う機能を停止させることです。水不足が続くと、細胞の水を使った機能が動き続ける限り、細胞は新たな酸を生み出す状況に置かれます。そしてこの状況は、細胞核までに及ぶ細胞の構造の破壊をもたらすのです。

 この事実は、恒常的な水不足が原因で発生する痛みは、十分な水を摂取すれば改善されるということを意味していますが、骨や関節、骨髄におけるダメージは、長い治療期間を要します。そのため、関節痛や腰痛の痛みがすぐになくなることを期待することは間違いで、忍耐強く水を飲み続ける必要があります。…

 

がん細胞も水不足を解消すれば、本来の正常な細胞に戻る!

 

がん治療における医学の最大の過ちである化学療法から目を覚ませ!

…化学療法の薬は、がん細胞と組織細胞の区別をつけることができません。そのため化学療法を受けてる人々には脱毛が起るのです。脱毛ともにもっとも影響を受けるのが免疫能力です。癌細胞とともに免疫細胞も殺されてしまい免疫能力は崩壊してしまうのです。そして多くの人はがんが原因ではなく、化学物質がもたらした破壊によって命を落としてしまいます。なぜなら化学療法でダメージを受けた体は、もはや弱いウイルスや細菌にさえ負けてしまう、体の免疫機能が完全に停止している状態にあるのです。…

 

がん形成における精神的な影響ーー江本勝水からの伝言』の研究が教えてくれるもの

…「水には結晶を構成する傾向があり、その結晶は環境の影響を受ける」…

…水の分子は結合しながら一つの集合体を形成するとき、例えば雫(しずく)になるとき、分子間に光エネルギーを必要とします。…水の特徴を、性質を、または品質を決めるのはこの光エネルギーなのです。…

 江本氏が写真を通して明るみに出した事実は、実際にはこの光エネルギーのことなのです。このエネルギーは水への対処によって変化を見せます。例えば暴言を吐かれた水は分子の間にあるこのエネルギーを失う反面、感謝され、綺麗な音楽を聞かされた水の分子は、周囲からより多くのエネルギーを集めることができるのです。…

 バイオフォトン:光の最小単位はフォトンと呼ばれています。ここから派生して、生物が生み出した光エネルギーをバイオフォトンと呼びます。すべての生物細胞は、いたって弱い光エネルギーによって交信しています。…

 

精神状態は生物の健康的な体に深く影響を与える

 …結局は体のほとんどは水でできているのです。精神的な圧迫が私たちの力を奪い、健康を害することは、謎ではない明白な事実なのです。…

 

生物学的なバランスの安定のために必要なものは、精製されていない天然塩と水

 もう、「水は喉が渇いたときにだけ飲むものではなく、継続的に飲まなくてはならない栄養素である」ということはわかっていただけたでしょう。…水と塩は、生きているほぼすべての生物において、共に生命機能を補助します。ただし共に! どちらか片方を摂取して、もう一方を摂らなければ、生物におけるさまざまなバランスが崩れます。そのため水と塩を一緒に計画的に摂取する必要があるのです。そのために最もふさわしい方法が「塩水療法」なのです。

 例えば塩を摂らずに大量の水を飲めば、水は体のミネラルを破壊し、体内の循環システムに異常が出て心臓の動悸が起こります。逆に水を摂らずに塩をたくさん摂取すると、訳もなく体重が増え、体が水を溜め込んだ状態に陥ります。

 …飲んだ水が十分であるかどうかを調べる効果的な方法は、尿の観察です。通常、尿は少し黄色いか、または透明です。…尿の色が薄い黄色か透明である場合は十分に水が摂取されているということです。逆に水不足によって体の乾燥した人の尿は濃い茶色になります。もしも尿の色が濃ければ、体が水を欲しているというサインなのです。

 体内に塩が足りているかどうかは、血液循環が安定しているか否かで判断することができます。塩を大量に摂取し過ぎると体は水を溜め込み、塩の摂取量を減らすことが必要となります。反対に水を多く飲んで、体内に塩が足りていないと、心拍数が増え、筋肉に痙攣が起こります。そのときは、もう少し塩を摂取しなければなりません。…

 

がんの克服のために摂る栄養ーー病気は運命ではない!

もし体でエネルギー不足が生じていたならば、あなたがエネルギーを含まない食べ物を摂取し、最も重要な栄養素である水を飲まなければどうなるのでしょう? 体は満たされることなく際限のない食欲に悩まされることになります。…

 

ローフードのすすめーー生で食べられるものは、できる限り生で食べよう!

…一番よく火が通っている料理は、栄養素を一番含んでいない料理なのです。…

 …前にも述べたように、がんの最大の原因は体内に毒素が溜まることにより、細胞のpHバランスが崩れることです。そのため栄養素に関しても体を酸性化させる肉、アルコール、砂糖、そして砂糖を含む食べ物から遠ざからなければなりません。なぜならば、そもそもがんは細胞液の酸性化が原因であるため、酸性化する食べ物はがんが生きやすい環境をさらに助長させます。また、体の異常な酸性化は、がんのみならずさまざまな健康上の問題の原因となります。…

 

運動の必要性ーー酸素を細胞に届けてがん細胞をやっつける!

 

電磁波の影響と距離をおいて生活するーー男性ホルモンが30%減少!

 

生物に必要な太陽光エネルギーの力を十分に活かす

 太古の時代でも太陽光を治療法として使っていました。生まれたての子供に黄疸が見られた際、太陽の下に寝かせると、黄疸が消えたのです。太陽は人の気分を爽快にするだけでなく、同時に生物学的な働きも調整してくれるのです。…

 

肺の細胞の水不足から始まる喘息の発症メカニズム

 

第9章 精製塩は人体に不要である!

現代医学は製薬産業の操り人形となってしまった!

 

プラスの電荷を帯びた「邪気」を中和させるのは、マイナスの電荷を持つ塩!

 さまざまな文化において塩を使った儀式が存在し邪気を追い払うために塩が撒かれます。これにはきちんとした科学的な理由が存在します。「邪気」とはまさにプラスの電荷を帯びた有害なエネルギーで、マイナスの電荷を持つ塩がこれを中和させるのです。

 天然塩には自然界に存在する水溶性元素が多数含まれており、精製された塩にはそのうちの塩化ナトリウムのみしか含まれていません。天然塩が体にとって不可欠な栄養源である一方で、精製された塩は攻撃的な物質です。体はこの攻撃的な物質を体外に排出するために、さらに水を必要とするのです。特に腎臓は、この精製された塩を排出しようと、余分な力を使います。そのため体は体外に出しきれなかった分を大切なタンパク質の貯蓄を使って中和させ、骨や関節の上に排出できなかった精製塩が溜まりはじめます。その結果、リウマチや痛風、関節炎、恒常的な関節の痛みのような骨や関節の病気が発症するのです。

 

細胞と細胞の情報伝達に不可欠な塩と水の役割

 水と塩は共に、人体の最も重要な生命機能を調整します。細胞液も細胞外液も濃度の違う塩水です。体内の神経細胞は、どれ一つとして他の組織細胞とつながっていません。しかし脳は体中の細胞とコミュニケーションをとることができています。これは、細胞外液が電気を通す性質を持っているからにほかなりません。こうして細胞間、さらには細胞と神経器官とのコミュニケーションが可能となるのです。

 これはつまり、塩なしでは人は考えることも、話すことも、他の器官からの情報を得て必要な反応をすることもできないということを意味します。体内のすべての生命活動は、細胞内外の、この塩水によって行われているのです。

 また、すべての細胞に栄養素を運ぶのは体液です…

 …精製された塩は高血圧だけでなく、がんに至るまでさまざまな病気の原因となります。そのため、海塩であれ、岩塩であれ、精製されているのであれば、摂らないようにしてください。

 体内での塩のもう一つの役割は、ナトリウムーカリウムポンプによって浸透圧を維持させ、体の本来のバランスを整えることです。そして同時に体内の重金属や毒素を排出します。…

 人間の体は一日に最低2~6グラムの塩を必要としています。体が必要としている量よりも多く塩を摂取した場合でも水が十分に摂取されていれば尿排出機能によって、外に出されます。ちなみに1グラムの塩を排出するためには23グラムの水が必要です。…逆に1日の摂取量が0.2グラム以下となると、体内に塩分不足が生じます。これは生物にとって、さまざまな機能に異常をきたす原因となり体に以下のような異常が表れます。

 体内の塩不足の症状

 ・胃のもたれ、吐き気

 ・痙攣

 ・疲れ

 ・体の柔軟性の欠乏

 ・皮膚の乾燥

 ・低血圧と血液循環の障害

 ・長期間にわたる下痢

 ・異常な発汗

 

現代の塩はなぜ精製されているのか?ーー精製塩には添加物も使われている!

…世界で生産される塩の93%が産業用で、残りの7%のうち5%は防腐剤として食品産業で使われています。…

 精製塩の生産には、フッ素などさまざまな化学物質が加えられます。こうして私たちの健康を脅かす精製塩ができあがるのです。例えばアルミニュムが健康に害を及ぼし、アルツハイマー病の原因となることは、広く知られています。

 

第10章 忘れられたシンプルセラピー、塩と水だけの奇跡の力!

 

第11章 これが塩水療法の基本メソッド

塩水療法の具体的な方法

 塩水療法の基本的な進め方は以下の通りです。

 成人は1日約2~3リットルの塩水を、起床後、食前30分前、食事中、就寝前に分けて飲むのが理想的です。

 その際の塩分濃度は0.1%(1リットルのお水につき塩1グラム)です。

 1日の飲むタイミングの目安は表にまとめることができます。起床時と就寝前、各食前30分前と食事中に塩水を飲むことをお勧めしますが、食事の内容、回数、ライフスタイルがことなりますので、こちらはあくまでも目安として考えてください。ご自分の体質と体調に合った塩水の摂取をすることが大切です。

*表

起床時 朝食時 昼食30分前/昼食時 夕食30分前/夕食時 就寝前

コップ2杯 コップ1杯  コップ1杯/コップ1杯  コップ1杯/コップ1杯  コップ1杯

※コップ1杯は約300cc

 心臓疾患、高血圧、腎臓疾患、65歳以上の方は、上記の分量に入る前に塩分濃度は1リットルの水につき、塩は1/4グラムでかまいません。少しずつ慣らして1週間後を目安に1グラムまで増やしてください。

 塩水療法は、ほぼすべての健康問題に対して試される必要があり、いたって良好な結果をもたらします。その理由は先にも触れたように、体の最も大切なエネルギー不足とミネラル不足を解消するかだです。さらに体に長い間溜まっていた老廃物を体から取り除いてくれます。

 ただし、腎障害、心臓疾患、血液循環に問題を抱えていらっしゃる方は、長期間にわたって水を飲んでいなかった状態で1日2~3リットルをいきなり飲み始めると問題が起きる可能性があります。そのため、1週間かけて、ゆっくりと量を増やしていくことが効果的でしょう。体が新しい変化に慣れるための期間を設けてあげることが大切です。…

 

第12章 塩水を飲む以外にも有効なメソッドがある!

塩水洗眼ーードライアイ、花粉症

 塩水洗眼の方法

 ・目の問題や視力の低下に対しては、ガラスまたはプラスチック製の小さなコップに塩分濃度1~3%の水溶液を入れてください。この水溶液を使って、1日に何回か写真にあるような形で目を洗ってください。(*写真は、女の方がコップを手に持ってコップの口の部分を目にあて、目が浸かってる感じの写真です)

 ・水溶液に浸った状態で1~2分、目を開けたまま左右に動かしてください。

 ・海に入る機会があったら、海水の中で目を開いて見てください。目の細胞もほかの細胞と同じように浸透によってエネルギーやミネラルを得ます。

 ・鼻炎には同じように1%程度の水溶液を使って鼻を洗うことをお勧めします。

 ・綺麗に洗った点眼容器の中に、洗眼に使うものと同じ水溶液を入れてください。この点眼液は目にを鼻にもお使いいただけます。

 ・飲む塩水療法と一緒にやることで、見えづらさが改善されます。

 

…(ソルトバス塗る塩水ワイシャツetc)

 

生命とはエネルギーであり、エネルギー不足とは水不足、塩不足のこと!

 …考えることから歩くことまで、すべてはエネルギーがあってこそ可能となるのです。体の修復機能も、まずはエネルギー、そして次にミネラルとタンパク質を必要とします。

 …生命とはエネルギーであり、病気とはエネルギーの欠如です。そしてエネルギー不足とは、つまり水不足と塩不足なのです。…

 

 以上で、転載終わりにします。

 くたびれてきた。

 打とうと予定してたのこの後にもあるんだけど、予定外のとこで長くなりすぎくたびれた。本の一部だし打ち間違いや他の塩水療法もあるので、興味のあるかたは実際に本を見てくださいね。

 ホントはこのブログ日曜日にやっちゃって、月曜日に下記↓の瓶を買いに行って、父を迎えれる準備を少しはしてから、話もしたいし自分から翌日にでも兄に勇気を持って連絡するしかないかなと、ここに来てもらって、この本も兄達にあげようと思ったんだ?(この本動物にヒドイことしてること書いてあってイヤでうちに置いときたくないいらない)兄達もいらんって言うかもだけど、実家は病人ばっかだから読まんとね? 

 お父さん、アタシのこと忘れちゃってないよねぇ…先日このアパートの狭いトイレでも、オシッコ入れる瓶(何て言うんだろう?)を買って、トイレでその入れ物に、お父さんにオシッコをしてもらってから、それをトイレに流せばいいんだと気づいた。でも、オシッコが普通に出るようになってないとダメだもんね?

お父さん治ってくれてるといいんだけど、高次元の宇宙人さんや天使界の皆さんに治してくれるようにお願いはずっとしてるつもりなんだけど…

ほんと疲れてただけど、こんなブログに集中したり、もうお父さんに長いこと会ってないもんで切迫感忘れちゃったというか、、、ほんと今があるのはアタシのお父さんのお蔭なので、ほんと高次元の皆様? アタシのお父さんを治してほしいです <(_ _)> お年寄りの皆さんを助けてほしいです。ヒーリングの宇宙船に着陸してほしいです <(_ _)> お願いします。  草々。

                2019.05.30?. 03:00 頃. ウリ.

f:id:daitenshiurieru:20190530012910j:plain