シリウス・峠のランプ 大天使ウリエル

コレ見て!大切な真実を知ってパレスチナを助けて!狂ったイスラエルを止める闇を終わらせる!→https://daitenshiurieru.hatenablog.com/entry/2017/10/27/NESARAfromLadyNADA【ガザ大虐殺とネタニヤフ、一なるものの法、NESARA法、オバマ、9.11、闇の政府…】(*2023.11.24.変更遅いご免.)

酸化グラフェン: 「マスクとPCR検査にもナノテクワクチンが含まれている」by Ariyana Love 、「グラフェンは食品にも入っている、食用グラフェン通信回路」(前半)

 

 ちょっと遅すぎだけど、myブログにも置かせてもらいたいグラフェンに関してのページやっとやり始めたのに、続けてやらなかったら、もう7日も過ぎたのかと、時間 過ぎるの早い、今も1日実質14時間12分なのかな (* .*)?

もっと早くこのブログやれば良かったなと、前この元記事 見かけた時、そんな難しいことまで知らんでも、そのうち何か起こって こんな狂ったことは終わるだろうと、たかをくくってて なんか面倒で通り過ごしてしまった。いかんかったなと、ワクチンだけじゃない、マスクとPCR検査もコロナの原因だと理解できる、皆に早く知らせた方がいい重要な記事だったね。

 ネガティブな考え方の中毒になってる人たち、マスクコロナ狂信者(カルト)の人たち、洗脳教育され謙虚さがない驕(おご)った人たちには、こういう難しい一から一々説明した 左脳的なやつでないとダメなのかもしれない。陰謀論とか言ってバカにするもんね?

事実を認識できない 思いやりがない、共感能力がない、自分の方が陰謀論でおバカじゃんかと思うだけどね。中には、闇の家族として地球に来てるとか、途中で魂 変わったとかで、「陰謀論」という虚無な考え方を広めてるかたもいるのかもだけどさ。(*地球人のレベルで考えてても らちは開かない、SAMさんのコレは見といてください→銀河連合 Cov.V.の背後にある地球外のアジェンダについて (09/01/2021) – 愛の真地球創造

 では、色々分らんくてリンクも多いし (;_:) 省略しようかなリンク… 動画が消えてたりで、元ページのまんまじゃないので、元ページの方も見てくださいね。

以下DeepL翻訳を使って転載させていただきます。ヘンなとこあるかも [(_ _)] です。

                       草々。  2021.09.13. ウリ.

 

 

Source: https://ambassadorlove.wordpress.com/2021/04/07/masks-and-covid-tests-contain-nanotech-vaccines-without-informed-consent/

f:id:daitenshiurieru:20210916162802j:plain

APRIL 7, 2021 BY ARIYANA LOVE

マスクとCovid検査には、インフォームド・コンセント(説明と同意)のないナノテクワクチンが含まれている

By アリヤナ・ラブ博士

 

キラーインジェクション(殺人注射)

 

全国の人々が強制され、義務化されたマスクで自分や子供を窒息させられています。また、実験的なmRNAやアデノウイルスの注射をワクチンと偽って接種させるために、Covid-19の「検査」を受けることを強要されています。

Covid(コヴィド)の「ワクチン」はワクチンではなく、ナノテクを使った遺伝子治療であり、つまりは遺伝子操作なのだ。インフォームド・コンセント(説明し同意)なしに実験薬を体内に投与することは許されません。

f:id:daitenshiurieru:20210913181053p:plain

保健福祉省とハーバード大学内部調査によると、政府のワクチン事故報告システムに報告されるワクチンの副作用は1%にも満たない。つまり、実験的なCovid注射によるヨーロッパでの実際の死亡者数は、報告されている数よりも約99%多いということになります。つまり、実際の死亡者数は453,024人に近いということです。これには唖然とするしかありません。

この実験的な遺伝子編集技術が、あなたやあなたの子供の体に注入されることを、どこが監視・監督しているのでしょうか?監視されるべきではないし、実際の死亡例や有害反応が報告されるべきではないのか?明らかに、大手製薬会社と企業の主流メディアは、私たちから何かを隠しています。

3月にThe Daily Exposeが行った情報公開請求によると、スコットランドでは2月に実験的なCovid注射を受けてから28日以内に2,207人が死亡しています。つまり、報告されていない実際の死亡者数は、スコットランドだけで約218,493人に上るということです。

人々は広く騙され、買収され、自らの死を黙認しているのである。

マスクとCovidの「検査」には生物兵器も含まれている。2020年3月、英国に向かうコロナウイルスの「検査キット」がコロナウイルスに汚染されていたことが判明しました。2020年2月に全米に発送されたCDCのCovid「検査キット」も、トランプ大統領連邦政府の調査を開始した後、コロナウイルスに汚染されていることが発覚した。

 

f:id:daitenshiurieru:20210906203408j:plain

COVID検査は死

 

オーストリアの裁判所は、PCR検査が感染性の判断には適していないとし、「この検査に基づいているオーストリアのコロナ政策全体を否定する 」という判決を下しました。

PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)として知られる鼻咽頭液の採取後に、認知障害、病気、突然死などの多くの抑制された報告があります。「Covid検査」を受けると、頭痛、吐き気、嘔吐、鼻の横から水のような透明な液体が出てくるなどの症状が報告されます。脳脊髄液の漏れは、頭部外傷や脊椎の損傷によって起こります。

 

PCRテストストリップに含まれる発がん性の高いエチレンオキシド(酸化エチレン)

(*注: 元ページの動画が消えててどれか分らないので Certified Federal Medical Investigator Gives Terrifying Info About COVID Testing Swabs – Forbidden Knowledge TV 、COVID検査 綿棒に ついてのコワイ情報 | ふうこのドイツ de マンガ Kalligrafie コレにしてみた。「綿棒は中国製」って言ってる。)

咽頭ぬぐい液は、血液と脳の境界線上にある非常にデリケートな部分から採取されます。この医療行為は、何を体内に入れるかを選択するという基本的な権利を、暴力的かつ侵襲的に犯すものです。

(*注: 元ページにはない補足. 

YES, THEY CAN VACCINATE US THROUGH NASAL TEST SWABS AND TARGET THE BRAIN |「鼻腔検査綿棒で脳にワクチンを打つことができる」

綿棒の先にヘンなものっぃてた | 上海ゲイ日記~上海でォヵマをゃること by まさ →

【PCR検査自体が危険!】綿棒の先にナノ技術の金属デバイス、放射性物質が付いていた!! | 泣いて生まれてきたけれど

ジョンズ・ホプキンス大学 研究者が薬を効率的に届けるための小さな機械を開発

セラグリッパーはホコリの塊のような大きさ。

f:id:daitenshiurieru:20210907013024p:plain

この綿棒には、この小さな装置が何十個も入っている。

f:id:daitenshiurieru:20210907012827p:plain

出典:ジョンズ・ホプキンス大学

ジョンズ・ホプキンス大学の研究者たちは、宿主の腸に鋭い歯を食い込ませる寄生虫にヒントを得て、腸の粘膜に付着して薬剤を体内に放出する星型の小さなマイクロデバイスを設計した…

 以上で補足終わり. )


ハイドロゲルナノテクノロジー

 

ナノ粒子を注入したハイドロゲルは、組織工学、化学・生物学的センシング、薬物・遺伝子送達など、多くの生物学的用途に使用されている。しかし残念なことに、これらのナノボット(ナノマシン 分子機械)は、人間を癒すためには使われていない。それどころか、破壊するようにプログラムされているのです。

世界中のマスクやCovidの「検査」で、繊維の中に埋め込まれた小さな黒いミミズや寄生虫のようなナノチューブ発見されています。肉眼では見ることができないが、顕微鏡にかざすと見える。ナノチューブは、熱や水分で活性化するまでは動かず、寄生虫のようにくねくねと動きます。

その他のビデオはこちら

ハイドロゲルナノテクノロジーがマスクやCovidの「テスト」で発見されたことの意味は一つしかありません。上のビデオで私たちが見ているのは、ワクチンデリバリー(配送)用のカーボンナノチューブです。カーボンナノチューブは、生体外および生体内での抗原デリバリーシステムとして設計されました。

コロナワクチン、マスク、PCR検査は、あなたを守るために投与されているのではありません。これらは、あなたの細胞に侵入し、致命的な重荷を提供するようにプログラムされた実験的な医療機器であり、あなたの細胞に直接遺伝子操作を行います。

画期的な新研究により、実験的なナノテク医療機器がすでに43の主要なワクチンに使用されていることが明らかになりました。ナノテクは長い間、食品に混ぜて私たちに与えられきました。リーキーガット症候群(腸漏れ症候群)自己免疫疾患引き起こすことが知られているにもかかわらず、「ビタミンとミネラルのサプリメント」と表示され、他の方法で偽装されています。

(*注: 元ページにはない補足.

f:id:daitenshiurieru:20210914125220j:plain

 生の肉やチョコレートに磁石がくっつく、サンペレグリノ炭酸飲料に酸化グラフェンが、ソーセージにはマスクと同じ糸状のが入ってる動画 見て、こりゃぁ皆 相当 毒な物 溜まってるなと、マインドコントロールされてるおかしい人増えるわけだわと思った。

ケムトレイルだけでいっぱいいっぱいなのにね?(米軍は核廃棄物までケムトレイルで撒いてる アメリ疫病神!!)

5Gも動いてるし、死者やおかしい人増えるわけだわと。タイの女性のかたがIH調理器使ってて急に倒れた(5月)」この動画見て、コロナ騒ぎの初めの中国武漢を思った。インフル惑チンにもグラフェン入ってたそうだ、接種すれば5Gの影響を受ける。ワクチンと5Gで死んでるのに、皆がやってることはほんと狂気だ。IHの方が電子レンジより危険なのかは知らないけど、5Gは電子レンジの何十倍だったか(* .*)?危険だそうだ。7月から5Gが稼働してる。ワクチンは、自分を周りも、殺したくないなら二度と打ってはダメです。グラフェンや身体にたまった毒は、お日様にあたったり、自然な海塩(ミネラル)お水をたくさん飲み 排毒に心がけ、自分が食べたい野菜(海藻も含む)や果物を食べ、自然な身体にいい生活をしてれば、自然にそのうち排毒される。なのになんでわざわざ、また自分の大切な身体に毒をもる狂ったことするんだよと、それではこの世界を支配してる狂人の彼らと同じ、永遠に奴隷!!

 市販のレザーで食品表面の炭素をグラフェンに変えることが出来るということは、安価にフリーエネルギーで動くナノボットも食品に入れれるようになったということだ。次に転載するこのページ日付2018年だから、もう私たちはグラフェン通信回路を食べてたのかもしれない(汗)

 

酸化グラフェンが電磁波(5G)で動いてる。LEDや蛍光灯が点灯してる グラフェン自体も↓

先のブログにも載せさせてもらったワクチン打った箇所で電球が点くようになった(日本のかたの動画もある)下記の動画の二番めに出てくる男性のかた、血管が発光するようにも なってしまったんだね… 高次元の皆さん助けてほしい…(お願い)

ビル・ゲイツがワクチンは私たちのDNAを永久に書き換えることを認めている!(動画) → 「それは腕に入れられた刺青のようなもので、私たちの本人(ID)とワクチン接種履歴が分かるものです。それを機能させるためには、ルシフェラーゼと呼ばれる発光酵素が必要です。手に埋め込まれた人間を機械化するこの物質は、「輝く者」の生物発光により自然発光するそうです。それはナイフでは取り除くことができないマイクロチップで、このあなたを24時間追跡するシステムは、あなたのDNAを変え…」

(動画)→「膨大な量の血液細胞が、完全に凝集しているのが分かります。細胞の間にスペースがなく、正常ではありません。そして白い点で埋められた大きな細胞も見えます。私たちは、これを可能性として、マクロファージ、防御のための一種の白血球だと信じているのですが、この白い小さな点について、ヴァン・ウェルバーゲン医師によれば、彼がこれらの細胞に蛍光灯をあててこれらの白い点を見てみると、それらは白く光り、浮かび上がった、これは信じがたいほどの驚きで、とてつもなく恐ろしいことです。…これらの患者は皆、モデルナのワクチンを受けている…」

 

 以上で補足 終わり. )

 

f:id:daitenshiurieru:20210913194506p:plain

カーボンナノチューブ

 

4月、カナダ保健省は、マスクに使用されている「微細なグラフェン粒子」が「初期の肺毒性」を引き起こすと警告しました。言い換えれば、重度の肺障害を引き起こすということです。

グラフェンをベースにした素材はバクテリアを殺すのが売り物だが、フェイスマスクに使われるとアスベストを一日中吸い込んでいるのと同じだとカナダ保健省は言う。

グラフェンは、薬剤やワクチンのキャリア(荷台)として設計された。グラフェンは、DNAの配列決定や操作に使われている。では、なぜグラフェンナノチューブが、おむつ(オムツ)女性用生理用品からも検出されているという報道があるのだろうか。

(*注アタシ: なんだぁ… グラフェン、マスク以外にも下着、衣類、化粧品、シャンプー等に堂々と入ってるじゃん…ちゃんと書いてある。売りで普通に売ってるから毒って知らんと買っちゃうね? )

グラフェンに搭載したナノボットは、摂取や吸入の後、血液脳関門を容易に通過する。その結果、酸化ストレス炎症性サイトカインの産生、DNAの突然変異など、人体組織や細胞培養に有害であることが証明されている。また、細胞死を引き起こすようにプログラムされている。

 

f:id:daitenshiurieru:20210913200144p:plain

 ナノシルバーは、バクテリアや真菌を殺す強力な抗菌剤であるため、マスクに使用することはポジティブなこととして販売されています。しかし、マスクを売り物にしている企業は、「COVID-19からの保護」という根拠のない公衆衛生上の主張をしています。実際には、これらの製品は、プログラムされたナノボットや実験薬を感染させているのです。また、ナノマスクは子供向けにステルス(隠密)配信用として販売されています。

(*注: 元ページにはない補足.

【MAGNETIZED CHILDREN! FROM 3 MONTHS OLD TO TEENS: MAGNET CHALLENGE 13 磁化された子供たち 生後3ヶ月から10代:マグネットチャレンジ13 】MAGNETIZED CHILDREN! From 3 months old to TEENS: Magnet Challenge 13(動画)

 以上で補足終わり. )

f:id:daitenshiurieru:20210913210609p:plain

 

 EPA(米国環境保護庁)もFDA(米国食品医薬品局)も、ナノシルバーをフェイスカバーやマスクに使用することを承認しておらず、EPAはすでにナノシルバーを殺虫剤として認定しています。さらに、フェイスマスクに含まれるナノシルバーは、環境バイオハザードです。すでに何十億枚ものマスクが環境中に廃棄されています。

ナノシルバーは、半導体であるナノチューブに注入され、薬物を弾道輸送する。

グラフェンナノチューブは、ナノ複合体ハイドロゲルの3Dポリマーネットワークです。ハイドロゲルは、「制御された薬物送達システム」であり、組織工学、化学・生物学的センシング、薬物・遺伝子送達など、バイオエンジニアリングに関連した多くの生物学的用途がある。

元々、ナノチューブ技術は、癌治療に使用される「DNAを変える遺伝子治療として開発されました。現在、ナノチューブは、マスクやCovidの「検査」など、さまざまな製品にインフォームド・コンセントなしで使用されています。ここでは、ナノチューブに関するいくつかのビデオをご紹介します。

 

f:id:daitenshiurieru:20210913221622p:plain

 ナノチューブは、によって活性化され、動員される。ポリマーシェル構造を持つグラフェンハイドロゲルナノチューブは、ワクチン運搬のために薬物を含むナノシルバーを運ぶ目的で設計された。ヨーロッパでもワクチン用にナノチューブが開発されている。

ハイドロゲルとナノチューブは、この素材のエラストマー(伸縮性)の性質により、様々な形状やサイズを得ることができ、収縮や拡張も可能である。

 

f:id:daitenshiurieru:20210913223149p:plain

 "銀イオンの存在は、呼吸酵素が呼吸の際に電子を酸素分子に移すのを止める"。つまり、カーボンナノチューブやナノシルバーがマスクに含まれているということは、細胞が酸素を受け取る能力を切断する薬剤が入っていることを意味します。同時に、ナノシルバーのナノボットは、肺細胞の細胞膜を通過して破壊するようにもプログラムされている。Covidの「検査」に使用されているナノシルバーは、脳細胞をターゲットにしており、身体の他の部分にも使用できる可能性がある。

 

f:id:daitenshiurieru:20210914005132j:plain

 ナノシルバーのマスクへの「抗菌用途」という宣伝は、「銀のナノ粒子は細胞膜を通過するのに十分な大きさでなければならない」というような記述と相まって、明らかに偽装である。もし、ナノシルバーが本当に抗菌用途に使われるのであれば、なぜマスク着用者の細胞膜を通過させる必要があるのだろうか?

ナノチューブは、水分によって活性化する。ナノチューブ半導体なので、エネルギーの周波数によって活性化するようにプログラムすることができます。私たちの体は文字通り電池であり、吐く息には水分が含まれています。

 

f:id:daitenshiurieru:20210914005741p:plain

 ナノシルバーのナノボットは、ナノチューブから切り離され、体内で脳や腸、肺の細胞などに向けて再構築されるようにプログラムされています。研究室では、様々な形や大きさのハイドロゲルが作られています。ハイドロゲルは膨らんだり縮んだりすることができ、レーザーで活性化されます

最近、ケベック州では、保育園でのマスク着用による子供の肺障害を理由に、有毒マスクのリコールが行われました。

一方、カナダでは、痙攣記憶喪失幻覚などを引き起こす謎の新しい「脳の病気」が登場し、医師たちを困惑させている。

ナノマスクやCovidの「検査」が、ナノボットを脳に投与していることを人々は理解し始めている。

f:id:daitenshiurieru:20210914010757p:plain

 

 RNAワクチンの多くは鼻腔内に投与されます。実際、フィンランドでは現在、実験的にアデノウイルスの「鼻腔用ワクチン」を開発しています。これも、異物のRNAをヒトの細胞にトランスフェクションすることを考えると、違法な医療実験にあたります。

ナチュラルニュースのヘルスレンジャーは、mRNA「ワクチン」に含まれる脂質ナノ粒子が、アジュバントによって大規模な炎症を引き起こしていると語っています。これらのナノサイズのロボットは、あなたが本来持っている免疫システムを破壊するようにプログラムされています。

FEMA職員で内部告発者のセレステ・ソルム氏は、米国政府の文書から新たな衝撃的な事実を明らかにしました。Covidの「検査」は、追跡を可能にする磁気ビーコンを挿入します。

Covidの「検査キット」の特許は、Richard A. Rothschildが所有・運営しており、特許番号はUS2020279585(A1)です。

 

Celeste Solum: COVID “Test” Inserts Microchip(セレステ ソルム: COVID "検査"はマイクロチップを挿入する)

 

DNA採取

 

ビル・エバニーナ(Bill Evanina)は、2021年1月に米国政府の防諜トップを退任し、稀に見る緊急の公的警告を認可しました。

 ――――――――――――――◆◆―――――――――――――――

"外国勢力は、Covid検査から生体情報を収集、保存、利用できる"

 

Covid "検査 "のための鼻咽頭綿棒が、中国共産党(CCP)やビル・ゲイツによるDNA採取に使用されているという証拠があります。「60 Minutes」は、BGIグループがCovid"検査"を使ってアメリカ市民の生体情報を収集、保存、利用していることを暴いたオバマ政権は、中国共産党に門戸を開き、BGIグループに米国での足場を許した。

彼らは何のために私たちのDNAを欲しがっているのか?

未承認の危険な毒物

ナノテク医療機器や強制的な遺伝子操作とは別に、科学者たちはフェイスマスクの中に、ヨーロッパやアメリカの当局によって規制されている最も規制の厳しい毒物の化学カクテルが入っている証拠を発見した。専門家によると、マスクは有害廃棄物を吸っているのと同じだそうです。

正直なところ、主流メディアがマスクの毒性に注目しているのは、ナノテク・バイオエンジニアリングから私たちの注意をそらすためだと思います。

有害廃棄物を吸うマスク

この記事では、強制的なフェイスマスクが安全ではなく、効果がなく、不道徳である20の理由を紹介しています。

酸化エチレン(ETHYLENE OXIDE)

ほとんどのマスクやフェイスカバー(布製を含む)は、難燃剤、グラスファイバー、鉛、NFE、フタル酸エステル、エチレンオキシド、ポリフルオロケミカル、ホルムアルデヒドなど、有毒で発がん性のある化学物質で作られています。

Covidの「検査」とマスクは私たちの安全のためだと言われていますが、マスクとCovidの「検査」には酸化エチレンが吹き付けられています。これは製品を「殺菌」するためだと言われていますが、使用者も殺菌されてしまいます。

EPAは酸化エチレンを「非常に危険な」有毒化学物質と分類しています。ワシントン州労働産業局は、2020年4月に緊急の医療警告を出し、次のように述べています。

 ――――――――――――――◆◆―――――――――――――――

"この極めて危険な有毒化学物質は、人間の健康に深刻なリスクをもたらす。"

 

エチレンオキシド(酸化エチレン)は、米国政府のOSHAが個人用保護具への使用を承認したことはありません。では、なぜフェイスマスクに使用され、人々の血液・脳関門に挿入されているのでしょうか?

EPAとCDCによると、酸化エチレンは発がん性物質であり、人類が知る限り最も発がん性の高い物質である。目、肺、脳、神経系に「神経学的機能障害との関連が指摘されており、その他の有害な影響を及ぼす可能性がある」とされています。

エチレンオキシド可燃性のガスで、水に溶けやすいため、口を覆うのは賢明ではありません。実際、酸化エチレンをマスクに使用すると、マスク着用者の呼吸ゾーンにガスが発生することが明らかになっています。長時間の曝露により、神経系の機能障害や神経系の抑圧が起こります。

さらに恐ろしいことに、酸化エチレンは人間に対して変異原性があり、遺伝子を恒久的に変化させ、DNAを損傷させる力を持っています。また、胎児の先天性障害を引き起こす催奇形性もあります。また、不凍液の主要成分でもあります。

マスクをしている人がオフガスになると、マスクをしていない人にも危険が及ぶのではないかと心配になります。

 

フタル酸エステル

最近の研究で、再利用できないマスクにはフタル酸塩という強力なプラスチック化学物質が含まれていることがわかりました。フタル酸エステルは、プラスチック製品を軟化させ、男性の生殖能力に極度の障害をもたらし、DNAにもダメージを与えると言われています。フタル酸エステルに過度にさらされると、生殖能力が低下し、ペニスが縮んでしまいます。また、男性生殖細胞に突然変異を起こさせ、子供の生前・生後死亡率を高めることになります。これは決して良いことではありません。

 

プリオン

イスラエル・ニュース・ライブのデボラ・タバレスは、米国政府のリーク文書から、Covid「ワクチン」がプリオン病を引き起こすことを明らかにした。これは、不可逆的な自己免疫疾患です。

 

結論

マスクCovidの「検査」は戦争の道具です。遺伝子操作人口削減を目的とした致命的な医療実験の一環である。これらはマスクでもワクチンでも検査でもありません。マスクやCovid検査は、永久に不妊化し、DNAを不可逆的に変化させる致命的な毒物を含んだ実験的な医療器具である。マスクやCovidの検査には、実験的なCovid遺伝子操作生物兵器が含まれており、ナノテクノロジーの配送システムの中に毒物が入っています。これらは、ニュルンベルク・コード(綱領)に反し、インフォームド・コンセント法に違反する致命的な医療実験で、人口を奴隷化し、減少させるために使用される戦争の武器です。

偽の検査で血液と脳のバリアを傷つけるのはやめましょう。彼らにあなたのDNAを渡すのはやめましょう。マスクをつけるのもやめましょう。子供にもつけないようにしましょう。布オムツやオーガニックの生理用品を使いましょう。賢くなりましょう。何をするにしても、Covidの注射はしないでくださいそれはゲームオーバーを意味します。取り返しのつかない一撃必殺の注射です。ナノテク生物兵器の「ワクチン」は死を保証する。すぐには死なないかもしれませんが、細胞や免疫系の破壊は死ぬまで続くのです。それが自己免疫疾患なのです。

 

WACTH: ナオミ・ウルフ博士が語る「なぜワクチンパスポートは永遠の奴隷を意味するのか?

 

ナノ粒子から体をデトックスする方法をご紹介します。下のビデオを見て、この記事の中の資料とリンクを勉強してください。情報を得てください。

 

私たちに行われていることは、自由意志、不可分の権利、そしてニュルンベルク・コードに反しています。ライマー・フエルミッチが率いる第二のニュルンベルクが準備されています。

WATCH: ジェノサイドの10段階

 

SHARE THIS:

 

 以上で転載 終わりです。

 

 

Source: Edible Graphene Is Here, And Electronics In Your Food Are Coming

2018年02月16日
食用グラフェンの登場で、食品にエレクトロニクスが搭載される時代へ
ストックレーザーを使って、食品に食用の回路を埋め込むことができます。通信可能な料理の登場です。

BY MARK WILSON2

 世界で唯一の人工2次元物質であるグラフェンは、私たちの生活を大きく変える可能性があると物理学者は考えています。原子1個分の厚さしかない炭素の線であるグラフェンは、鉄の数倍の強度があり、銅の100倍の導電性があります。しかし、この不思議な素材は、まだブレイクするような用途が見つかっていません。2014年に New Yorker 誌は伝えた「グラフェンは、これまでに発見された最も優れた物質かもしれない。しかし、それは何のためのものなのか?」

 今、私たちはそれを知ることができるかもしれない。ライス大学の研究者たちは、市販のレーザーを使って、トースト、ココナッツの殻、ポテト、ガールスカウトクッキーなどの食品に含まれる表面の炭素をグラフェンに変えることに成功した。

グラフェンは、特別な真空装置やクリーンルームを使わずに、電力を蓄えるための燃料電池、データを送信するための無線機器、光を放つための発光体、さらにはあらゆる種類のセンサーを含む、あり得ないほど薄い食用の回路にパターン化することができる。これらの回路は、暗い色のタトゥーのようであり、まるで焦げたトーストのようでもある。

この研究室のリーダーであるJames Tourは、プレスリリースで次のように述べています。「多くの場合、何かを利用できるようにするまでは、その利点がわかりません。おそらく、すべての食品には小さなRFIDタグが付いていて、その食品がどこにあったのか、どのくらいの期間保存されていたのか、どこの国や都市で作られたのか、食卓に届くまでにどのような経路をたどったのかなどの情報を得ることができるようになるでしょう」。
さらに彼は、食品が汚染されているかどうかを見分けるための大腸菌センサーを設計し、それに反応して回路が警告灯を光らせることができるかもしれないと指摘しています。これらの部品がグラフェンで作られていれば、すべて食べられるようになります。そのような未来では、食品は単に追跡可能になるだけではありません。食品自体が警告を発するようになるのです。広大なグローバルサプライチェーンの中で、食中毒の追跡が非常に困難であることを考えると、これは有望な解決策である。

 他の可能性を推測するのも楽しいですね。将来的には、私たちが口にするものの多くに、今はまだ想像もつかないような完全なインタラクティブ・レイヤーが含まれるようになるかもしれません。(例えば、ポケットの中に1,000曲の歌を入れてくれるりんご。あるいは、自分でロウソクを灯すバースデーケーキなど。) しかし、この新しいレーザー照射技術は、コルクなどの木質材料に含まれるリグニンを多く含む食品にしか適用できないようなので、どのくらいの食品に適用できるのかという疑問が残る。

電気製品を食べるのは抵抗があるという人は、同じ技術が他の場所でも使えることを知っておいてほしい。木や布にもレーザーを照射することができるので、衣服に回路を形成して、フレキシブルなウェアラブルにすることも簡単にできます。

 

(参考)グラフェンについて

◎ この世界を支配する素材?グラフェンとは - YouTube(動画)

f:id:daitenshiurieru:20210918173406j:plain

f:id:daitenshiurieru:20210918173447j:plain

f:id:daitenshiurieru:20210918173512j:plain

*注アタシ: なんでこんな固くて鋭利な物を 食べ物に入れるんだよと (-_-;) シオニストのお金の世界は絶対 終わらんとダメだ。生活に追われてて 自分がどうありたいのかとか 考える余裕もないんだろうけど、私欲のために、地球人家族で殺し合いだもん。これ見てコロ惑を冷凍する意味が分かったよ。

 

◎ A Potential Source of Clean, Limitless Energy - YouTube (動画)

【クリーンで無限のエネルギー源となる可能性を秘めている】 →

f:id:daitenshiurieru:20210918201143j:plain

 

◎ New quantum trick for graphene: magnetism | Stanford News →

(一部)

2019年7月25日
スタンフォード大学の物理学者がグラフェンの新しい量子トリック「磁気」を発見
グラフェンの2枚のねじれたシートが超伝導の兆候を示したとき、物理学者たちは唖然とした。…

 …

スタンフォード大学の物理学者たちは、他のチームの発見を再現しようとしていたときに、2つのハニカム(蜂の巣)状の炭素格子を慎重に重ねて特殊な角度に回転させると発生する、予測されていたがこれまでに見たことのない新しい形態の磁気を偶然発見した。

2018年初め、MITのパブロ・ジャリロ=ヘレロのグループは、微妙にずれた2枚の炭素原子のシートを重ねたスタック(ねじれた二層グラフェン)を、超伝導として知られる特性である抵抗なしに電気を通すように誘導したと発表した。

この発見は、「グラフェンシートを特定の角度に回転させると興味深い現象が起こる」という10年近く前からの予測を見事に裏付けるものだった。

 

 

 以上で転載終わりです。

 

 載せるのまだあるんだけど、重いのか表示が遅いし、なんかまた迷っちゃって頭ヘンなってきたし、Upが遅くなりすぎなのでブログ分けます「(_ _)」

 

 つづく → こちら「後半①」

 







TOPへ ↑ 戻る