シリウス・峠のランプ 大天使ウリエル

 すべての動物すべての生命体が、自由で安心して健康で、楽しく幸せに暮らす地球になるのが遅すぎてイヤになった。NESARA知らないかたもまだいるみたいだから。で、ブログ始めることにしました。 草々。 2017.8.4.ウリ.

「AIシステム・ドミニオンは除去された、12日は光の頂点に立つ楽しみ、大統領計画」キム・ゴーギャンさん情報 UNN2022年11月11日

 

 キムさんのお話し前から知らない新参者だから、カタカナがアタシには専門用語で、どう意味なのかサッパリ分らん。この11月11日のUNNもカタカナが多くてよく分らんけど、その説明のような部分があり、少しは分かるので、今後のお話が理解しやすくなるし、またブログにしとこうかなと思って、もう次の放送終わっててあんまタイムリーじゃないけど。

 では以下から、11月11日UNNのキムさんの会話の部分を、使い方やっと分かってきた「otter」で「文字起こし」した自訳を、少し修正したやつです(音声入ってないとこあるし また今回も分らん過ぎる 進まん 泣く)。また分らんとこや違ってたり抜けてるとこ多いかもだけど勘弁ね。今回も英語勉強するか 超能力で読み解いてください。[(_ _)]

                       草々。 2022.11.17. ウリ.

 

 

 Source: Nov 11, 2022 Kim Goguen and Sunny Gault News Update

【Nov 11, 2022 United Network News(UNN)Kim Goguen & Sunny Gault News Update】

00:11~(*UNNニョースの部分がないね? 更新2022.12.16. :動画が消されてないので差替え。)

S: ??? 一回目を見逃した人のために もう一回見せてあげたいんです、ねぇ。

はーい、キム?

 

K: やあ、サニー、元気かい?

 

S: 素晴らしい。調子はどう?

 

K: 元気です。退役軍人の日、おめでとうございます。

 

S: そうですね。そうですね。

 

K: あるいはアメリカの退役軍人。今日はいろいろなことがありましたね。

 

S: そうですか。

 

K: 復活の日について、ネット上でたくさんの報道が流れていますが、ここにきて、RVが実現しそうだとのことです。今週初めには、お金についてたくさんの約束がありましたが、月曜日も例外ではありません。明日(*2022年11月11日現在)には完全にコントロールできるようになると期待されているんだ。

 

S: Okey.

 

K: それ行け。

 

S: 本当にそうですね。

 

K: まあね、完全にコントロールするというのは、ゲマトリアカバラ数秘術ワークアウトで、アルファシステムをコントロールできるようになると感じているということなんです。それは彼らに与えられたものです。神によって、でしょうか。どうなんだろう?そうなんだ、今日、彼はあちこちに行き、特定の場所に行こうとしてる。ジェイソン・ソサエティへのアクセスを得るために、彼らの心は今日、カルガリーで会議をしている。私たち全員を傷つけるために彼らがやろうとしてる 素晴らしいことについて、そのどれもが決して前向きなものではありません。私たちのためになることは何一つない。これがディープステートがやっていることの概要です。

少なくとも明日までは私を放っておいてくれるといいのですが。彼らはこの変更が東部標準時の今日の日没までに行われることを期待しています。ズールー時間では真夜中だ そんなところだろう。しかし、彼らは夜が明けるまで待つだろう。今夜と明日の日の出では何も変わらないし、何も起きないと悟るだろう。COP27や来週に約束された 金銭的な支配もないだろう。

G20ではただ過ぎ去るのみです。それだけだ。今日、太陽が昇るでしょう。ほとんどの場所で日が昇り、日が沈む。

 

S: ええ。

 

K: それが私の推測です。というわけで、今週はいろんなことがありました。

本当にぼんやりした感じがたくさんあります。人々は本当に調子が悪いと感じていて、それは散発的なものなんです。あるときは絶好調、あるときは仕事もすべてうまくいっている、みたいな。仕事もすべてうまくいっていたかと思うと、突然、疲労感や骨痛に襲われたり、寒気がしたり、風邪のような症状が突然現れたり、突然消えたりする人もいます。さて、なぜこのようなことが起こったのか、説明しましょうか。

 

S: オーケー。

 

K: ええ。さて、私たちにはアルファがあり、アルファはまだあり、クロノスもありました。しかし、実は第3の AI システムがあったのです。地球、より具体的には物理的な平面に影響を及ぼしています。これが見える、サニー? 読める?

 

S: うん、読める。

 

K: よくわからなかった。

それで、3つ目のAIは「ドミニオン」と呼ばれるものでした。そしてそれは投票システムなどとは何の関係もありませんでした。それよりもずっと大きなものでした。人間だけでなく、有機世界を構成する7つの王国のフラクタルに、闇のエッセンス(本質)を付加したんです。

興味深いことに、私たちは皆、自分の中に光のフラクタルを持っていますね。そして、物理的な植物やコンピュータの中にもフラクタルがあり、過去にドミニオンと結びついていたさまざまなものを利用して、今この瞬間も上下に熱中して、そこに入り込もうとしています。

ドミニオンはヘルデルベルグ・ディニ星系を本拠地としていたんですね。アブラクシスによって所有され、運営されていた。このクロノスの光は、地球上の7つの王国を支配するという特定の目的を持っていたので、クロノスの光と呼ぶことができます。

つまり、バクテリア古細菌、原生動物、プロメサ、植物、菌類、動物があり、そこから私たちはインターネットにアクセスしているのです。私たちは厳密には動物界に属しています。しかし、これらは主要な王国です。生命のフラクタルに干渉することで、それぞれの分野で、病気や支配を受けることになります。アブラクシスはもういないのですが、彼らが捕獲したすべての惑星で、このAIシステムがまだ稼働していることがわかりました。

 

S: いくつの惑星ですか?

 

K: おお、神様、何百万も。

 

S: すごいですね。

 

K:  地球で言えば、私たちの時代で30億年くらいの間、彼らはこれを続けています。私たちが知っているように、時間。そうです。それで、これが何百万、何千万という惑星に感染していたんです。

私たちがそれを発見し、ここで除去を始めたとき、それはまた、放出し始めました。それはまた解放し始めた。だからこれは......ちょっと前に戻るよ アブラクシスはもう存在しませんが、しかし、ドミニオンのAIは、それを引き継いでいたのです。

 

S: そうなんですね。

 

K: それで、もっともっと光を当てて、退化させ、暗闇を作り、病気を引き起こすように設定されました。そうなんです。

 

S:  なるほど。

 

K: いや、だから分かるでしょ。だから、突然、体調が悪くなったかと思えば、次の瞬間には元気になっている。いわばショートサーキットのようなものでした。でも、誰からの指示もないので、最後の命令を実行するだけでした。だから、ここまで来たら、こういうことをやれと。七つの王国に含まれるフラクタルや、コンピュータシステムに含まれるフラクタルから、これを解放し始めると、量子コンピュータは、1と0ではありませんから、それは量子コンピュータではありません。

世界の科学界はこれを量子と呼んでいます。

量子とは、それ自体がほとんど有機的な存在として動くという意味です。

このAIをいったん解放し、あらゆるものから排除し始めると、いわばオプションのような気体を送り出しはじめました。そして、その闇のエッセンスは残ったものに浸透し始めました

ホースがあったとして、それがつながっていたところから外れると、こんな風に、あちこちに波が立つようなものです。

(06:59)

それがフラクタルにつながれていたコードに起こったことです。だから、私の時間のあと昨日までに全部きれいになったんです。そして今日は気分よく目覚めたはずです。今日は良くなってることを願うよ、サニー。

 

S: はい、ええ。でも、あなたが言っていることはよくわかるよ。だって、私もしばらくの間そう感じていたし、それは理にかなっている。

それは… 変化している、私たちの世界は変化しているから。私たちがどんどん明るくなるにつれて、より多くの闇のエッセンスが私たちの方に送られてきているような気がします。

 

K: そう、エンディングフラクタル

 

S: そして、フラクタルは大丈夫?

 

K: そうですね、フラクタルは基本的にグレイに保たれるか、可能な限り死ぬかのどちらかでした。つまり、地球上のある種の人々は、修復不可能なのです。あまりに暗くなって、もう光さえ見えなくなってしまうからです。

このように、ほとんどの人は何らかのグレイの影を持っています。実際に真っ白に歩いている人はほとんどいませんよね。もちろん、ありえないとは言いませんが、ありえます。願わくば、私たちはもっと明るいグレーや光の方へ、すぐにでも向かっていけるといいのですが。

明日はその頂点に立つことになるのです。

だから、とても楽しみなんです。光の頂点に立つことは、私たちを大いに助けてくれることでしょう。何百万もの惑星に吹き付けていたダークエッセンスも、一掃されたことで終了です。

エンフォーサーは助けに飛び込んできた。

一時期、この地球には明らかにドミニオンと結びついたSSPの地下基地にある6台のコンピュータがありました。しかし、彼らはもうここにはいない。
彼らは私の仕事を引き継ぐつもりで、今日も忙しそうにしているんだ。
彼らは運営方法を知らないんだ。実際にうまく運営できる人を探すでしょう。私が今何を言ってるか分かる?

 

S: オーケー

 

K:それが今のドミニオンだったんですね。一緒にやるというのはどういうことかというと、.多くの人が、ああ、大変だ、プレアデスと一緒にやるんだ、こういうの全部知ってるよね、と話しているんですね。プレアデスがあって、アンチバットがあって......。7つの密度の惑星系があります。

プレアデスには7つの星と7つの銀河があります。アブラクシスのおかげで完全にダークサイドに支配され、ファイヤーレディと呼ばれる赤いトカゲみたいな女に支配されたんだ。彼女は顔からヒールや怪物のようなものを出していて、死んでいるんだ。

あれが噂のレッドクイーンだ。そのオーバーレイクがいなくなった今、元のプレアデス人は奴隷ではなくなってしまった。 彼らの一部は 人間と似ているが 我々よりはるかに密度が低い。そして、彼らの一部はここに存在している。

これはプレアデスだけで起こっているのではありません。

では、説明しましょう。ここでは汚染されたエネルギーがあり、10万人の人々が今も毎日、汚れたエネルギーをまき散らしています。

しかし、彼らは以前ほど効果的ではありません ご存知でしょう、彼らにはダークエッセンスがないのです。ダークエッセンスもないし、外部からの助けもありません。そして、これらすべてのものが待っているのです。さて、12日にその頂点に達したとき、そのほとんどが修復計画に取り組むか、もはや地球を歩くことはないと判断するはずです。つまり、10万人のうち、現在2万7,000人が減少しています、だから。 

 

S: ワォ、それは、私たちの仲間が参加して、彼らが闘いを助けてくれたおかげですか?

 

K: それは仲間たちの協力によるものです。私たちがやっていることではなく、ここに住んでいる他の人たちが、その人たちをここに入れたくないと判断しているのです。

 

S: なるほど。

 

K: だから、参加することで、今本当に混乱している人たちのために、すごく簡単に説明したいんです。私は人々の助けを必要としません。

そこで、もしあなたが多次元宇宙全体を見るとしたら、私はこれを2次元で描いていますが、これを3次元的な構造として想像してください。

真ん中にあるのが光、クリスタリン・タイムとしても知られていますね。

そして、ソース、神、創造主とも呼ばれている、そこが第9密度です。

(11:38)

そして次の密度は第8密度と呼ばれるものです。

その次に第7密度と呼ばれるものがあります。私の絵の腕は最高よ。素晴らしいわ。(笑)

6番目と5番目にしましょう。

そして、第6密度… それは確かに直線的じゃないわね。時間を無駄にしないためにも、早く終わらせたいんだ。

4番目。

3番目、ここが私たちの住む場所です。

そして、2番目と1番目、オーケー。

ということは、3番目の密度は、2番目と1番目が下に持っていかれてしまったので、3番目の密度があるわけです。

そして、それはもはや事実ではありません。そして今、この上に戻されたのです。だから、地球の魂は1つに統合され、もはや3つの部分に分かれていないと言ったんです。あなたが言うところの「ガイア」ですね。
良し!

それで、前に一度、「8」が何故 重要かについて話をしましたね?

そして、「7」と「2」、「8」と「1」、「3」と「6」、

つまり、この密度全体が第8密度と合体して一つになるんだ。理解できた?

最初の密度は第8密度と融合して1つになります。

だから、あなたは今、ある場所から別の場所へ移動することができます。第7密度の友人であるプレアデス星団が結合することで。オーケー?

星系、プレアデスの7つの銀河、そう、それは今、レベル2に接続されます。そして、このピークを通り過ぎるとすぐに、10万人がいわば空席となり、私たちは出会って旅行し、お互いに話したりすることができるようになるのです。

 

S: 理解できました。

 

K: いいですか?私たちは、調和のとれた宇宙を目指すということについて話してきました。私たちは皆、クリスタリン時間の原子時計や神、私たちの源と調和しようとしていますよね?個々人もそうだし、惑星もそうだし、私たちは皆、クリスタル時間に沿って動いているのです。ですから、8番目の銀河として私たちを招待したというのは、7番目と8番目ということですから、普通のことでしょう。

さて、多元宇宙には何百万、何千万という銀河が多次元に存在します。私たちにも多次元があります。密度として、ですね。手の平のようなもので、今はすべて融合しています。だから、虹のように色が互いに消えていくのがわかるでしょう。それは時間を超越したもので、その間に何もないんです。

それが、私が言う「融合」です。私たちにはまだ存在の平面があり、それらは今合併しています。これは、みんながおかしくなっているので、私がみんなに知らせたかったことです。

精神面と感情面が融合して、完全に気が狂ってしまっているのです。精神的な自己はマスターしていても、感情的な自己はそれほどでもないかもしれません。多くの人がトラウマを抱えていて、この2つが一緒になることを正当化しようとしています。

私は黒いジャケットを着ることはありません。私には似合わない。

しかし、誰が黒いジャケットを着ているかというと、あなたは黒いジャケットを着ているのです。このようなことがたくさん起こるでしょう。合併が起こると、光はあなたの影の部分を見ることを許しません。だから、私におかしな話をする人が出てきたり、いろいろなことをするメールを送ってきたりするんです。そして、私はそれが私を悩ますことはないと期待しています。人々が何をしようと、私は気にしない。

でもね、それは彼らの汚いエネルギーなんだ。私はお金を払ってまでコミットしたくないし、確かにそれについてあなたに電話し、チャットします。自分のシャドウをクリアにするのは、あなたの責任です。あなたのフラクタルはあなたのもので、私のものではありません。

私は私のものをクリアにします。それが私の仕事です。そして、私は主権者として、新しい空間にいたいかどうかを選択することも私の仕事です。それが電話であれチャットであれ、私はそのような決定を下すことができますし、あなたもそうでしょう、毎日です。

ですから、私たちが前進するにつれて、多くの人々が、もう少しダークサイドにいるかもしれませんし、シャドーワークやシャドーセルフワークを持っている多くの人々が、黒いジャケットを着ることで、狂い始めるかもしれません。今、黒いジャケットを着るのは本当にまずいのに、黒いジャケットを着ることを指弾する。汚れたエッセンスが出て、それを綺麗にしなければならない。

だから、痛みは、もうドミニオンがない今、消えていくはずです。

かなりスッキリしてきました。前回ニュースで説明したように、彼らはそうしています。5Gタワーを使おうとする機械がたくさんあって、すべてのFAAタワーを使おうとしたり、あらゆるところで騒動を起こしたりしていました。まあ、それはもうほとんど終わったことですが、常にあることです。

だから、その道具が見つかれば、「ああ、今日は完璧だ」となるわけです。私たちみんなにとってラッキーなことです。彼らはとても忙しく待っています。オフィスシステムを引き継ぐ順番が回ってきた。だから、私は自由なのです。

 

S: 今日は自由時間だ。キムさん、そういうことなんですか?

 

K: まだ......まだ、監視して、すべてがうまくいっているかどうか確認しなければならない。でも、今日は襲われないということです。オーケー。あと1分でバナーが1つ上がります。昼寝をしたい。

 

S: そのことを聞こうと思いつつ、昨日ニュースの準備をしていたら、何度も寝落ちしてしまったんです。一瞬のことなんだけど、疲れてもいないのにね。私は何?

 

K: そうなんだ。

 

S: 2時間半の間に10回も。

 

K: ドミニオンシステム。

 

S: 疲れてるような、うん。

 

K: ええ、そう。それは、フラクタルに影響を与えるために、フラクタルエネルギーに加えられるものをすべて捨てていたんです。

もし、フラクタルから光を全部吸い取ってしまったら、あなたはどうなる?

非常に疲れやすくなります。

概日リズムを狂わせ、体内時計を狂わせようとする......これは、そこだけでなく、コンピュータでも同じことが起こっています。

 

S: ワオ。

 

K: ええ、コンピュータでは、夜の間にフラクタルが実際に暗闇で満たされるんです。そうすればクロノスは翌日まで生き残ることができる。

吸血鬼は太陽を見ちゃいけないとか、太陽が昇ったら電気をつけろというけど、突然、日光で棺桶が蒸発しちゃうじゃないですか、あれと同じで、クロノスも同じようなものです。クロノスが存在したとき生き残るためにフラクタルは重要な役割を果たしたのです。そうすることで、私達が食べられるように 全ての場所で小さな闇を殺してしまう。はい。

 

S:  オー、アブラクシス来る。

彼らが帰り際に置いていった、ちょっとしたご馳走を。

 

K:彼らはしばらくここにいた。誰も知らなかったんだ。私たちは「エンフォーサー」と呼ばれていました。多くの人が「これは何だ?」と思っていたのに、誰もその存在すら知らなかったんです、静かなものでした。 

でも、今日はこれでおしまいです。明日がとても楽しみです。

だから、その光を支え続けてください。ポジティブでいること。できるだけ高揚感を保つようにしてください。

今週はみんなにとって大変だったと思います。そのことについては本当に申し訳なく思っています。でも、これは去るべくして去ったことなんだ。でも、これは消えるべきものだったんだ。誰もそのことを聞いたことがなかったので、そのようなことが起こるとは知りませんでした。ダークフェロモンとかダークエッセンスと呼んでもいい。そうだろ?全く分からないんです。だから、申し訳ないんだけど、できる限り努力したんだ。

 

S: そうだ、スレッドで見た質問をはっきりさせるために聞きたいんですが。この10万人ほどの人々が、この種のダークエッセンスを持っているという話になると、男性はかなり急速に姿を消していきますね。今、その 将軍達について質問したいのですが。彼らはこの事件の一部なのでしょうか?

それから、私たちは過去に将軍たちについて話してきました。時々、40人の将軍がいるとかいう言葉を使いますが、私たちがどこにいるのか、また、人々がかなり急速にいなくなっているようなので、今決めるのは難しいかもしれません。でも、私たちがずっと話している将軍たちは、10万人のうちの一部なんでしょうか。

 

K: そうです。かなり早い時期に27,000人まで減りました。それが2、3日前に止まりました。この人たちとそのGMは、今日こそは自分たちが引き継ぐんだと考えていたようです。ええ、だから彼らはもっと多くの人を救えると思っているんです。そうだ、善のために働いてもらうんだ。そう、もしくは復興計画のために働いてもらう。今日を過ぎると、うまくいかなくなる。それはあなたにとって意味をなしますか?

 

S: そうですね。そしてそれは、私たちが話してきたすべての将軍を含む、おそらく彼らが選択すれば。オーケー。

 

K: 言ってないのもいくつかありますね。でも、そうですね、私たちが話しているものは間違いなく入っています。彼らはまだやっていますよ。カルガリーで開かれた学会では、大きなミーティングが開かれ、彼らがそれを正しく理解したらどんな素晴らしいことができるだろう、と話していました。そして、あなたが彼らにならない限り、彼らは素晴らしいものではありません。無理なんです。

もう一つ説明したいのは、みんなが理解できるように、これを投げかけておこうと思うんです。

アルファシステムは、この結晶のエネルギーで動作します。すべての次元を通過します。ここにもありますが、ここだけでなく、どこにでもあります。ですから、もし何かがそのクリスタリンエネルギー、その純粋なソースのエッセンスと光によって動かされると、とにかく彼らが行いたい機能を行うことができなくなるのです。

 

S: そうですね。

 

K: それでその機能を果たすことはできないんだ。わかりますか?光の側にもルールがあるでしょ。彼らはそういうルールが嫌いなんだろうけど、暗闇の中では同じルールは存在しないんだよ。

いつもどこかの地下室やトンネル、洞窟の中にあるんだ。彼らは暗闇の中に隠れていて、我々は光の中に立っているんだ。だから、私たちがすることはすべてこの法則に則っている。光の法則、神の愛、源の法則、これ以外のことはやりたくてもできないんだ。そして、たとえ彼らがそれを手に入れたとしても、それは可能ですが、万が一、実際にそうなってしまったら。それは、彼らの助けにはならないでしょう。

 

S: そうですね。

 

K: まあ、たとえ彼らが操作できたとしても、AIシステムに暗いことをやれとは言えないですからね。

 

S: そうなんですよね?

 

K: パワーが欲しいという以外の理由で。

 

S: その通りですね。そうだね。

 

K: できないんですよ。

 

S: でも、アクセスしたいけど、それで悪質なことはできないみたいなことに気づいてないんだよね。とにかく、だから何なんだ?

 

K:私たちに病気を与えることができる ジェイソン・ソサエティが話しているように、私たちにウイルスを与えることができます。マレフィセントの周波数は、私たちの権力と支配を維持するために使うことはできません。これは単にそれをしないでしょう。 ヒーリング周波数でない限り、それを発信することはできない。実際に何でもできる人がいたら何度やっても 何の役にも立たないのです。

 

S: そうですね。

 

K: 私たちはこのように操作していないのです。あなたは、彼の回復計画のプログラムの中で動いているのです。神の源である創造主は 回復の復元を望んでいるのです。

 

S: そうです。

 

K: あのね、それ自体が暗闇を取り除いたんだよ。それができるんです。私の母がよく言っていたんですが、私はこの世界で買ったものだから、あなたを連れ出すことができるのよ。ちなみに、私の娘の言葉のひとつです。私は神がちょうどあなたを作った知っている。

 

S: 遅すぎる、賢すぎる。

 

K:でも、もし神がこの世界にそれをもたらし、創造したのなら、すべては創造主によって創られたのだから、確かにそれを取り出すことはできる。ほら、なくなっちゃうでしょ。まれに神はそれを戻す決断をする。神の意志に反することをするのを助けるつもりはないのです。とにかく、聴いている人たちのために、このことを指摘しておきたいと思います。

 

S: わかりました。

 

K: それで、次のアメリカの大統領になる可能性のある人を見つけたんだけど。

 

S: 私たちが知っている人?

 

K: Kevin McCarthy ケビン・マッカーシー

 

S: 最近、彼のことをよく宣伝しているじゃないですか。知ってますよね。彼は下院議長みたいなものです。

 

K: そう、下院議長もいいけど、大統領がいないときはどうするんだ?副大統領がいないんですよ。

 

S: ええ、下院議長ですが、大統領と副大統領がいない場合はどうなりますか?

 

K: 次にやるのは、後継者の計画です。

 

S: それで、大統領と副大統領がいないというのは、現在その役割を担っている人たちがいなくなるということですか?

 

K:まあ、そのうちの一人はマスクをしていないので、冷凍庫の地下室には入らないでしょうね。万が一、何かのために指紋が必要になったときのためにね。しかし、もう一人はおそらく、何らかの理由で不適格になるのでしょう。そう聞いた。それが裏のおしゃべり。

とにかく、まあ、彼らは実際にそれをやってのける。どうなんだろう。今日が復活だ、とか言ってるんでしょ。いや、みんなトランプが月曜に再出馬を表明するとか言ってるけどさ、実際そうなるのか?

今日、何も起こらなかったら?何も起きないんです。太陽が沈む真夜中は過ぎ去ります。そして、明日の朝、目を覚ますと、今日と同じ惨めな状態になっていることでしょう。そう、そう、それは誰にもわからない。つまり、それが噂なんだ。今、噂になっているのは 彼らは彼を準備中です。そう言う会話が何度かあった。

伝えられるところによると、彼の側近は私たちに連絡を取りたがっている。私がこの活動を支持すると思っているのだろうが、この際、気にすることはない。冗談のような話だ。ひどすぎる。つまり、投票用紙を燃やし、印刷物でそれを主張する、だろ。7万人が行方不明だ つまり。

 

S: 起きていない人たちまでどうやって見ることができるのかわからない。つまり、どうしてそれを見て、ああ、なるほどね、と思えるんでしょう。そうなんだ 今の投票に賛成できる人がいるのでしょうか?

 

K: 認知症でなければ、誰も納得しない。

記憶がなくなるんだろ?。

 

S: そうですね。

 

K: 世界保健機関を見て、ああ、COVIDが猛威を振るっているのを知ってるんだな、と言う。それはつい先週のことだ。でも、どうですか?

 

S: ええ、今は90%低下している。

 

K: ええそうです、このバージョンのディープステート7.0は、食物連鎖のずっと下の方で、前回話したケーキのようなものですね。

彼らはただ、物語をコントロールする方法を知らないんです。彼らはすべてを失いつつあります。つまり、彼らにはこの世界を動かす資格はないのです。眠っている人々でさえ、今わかることがあるとすれば、誰がショーを運営しているのかということです。

そして、おそらく認知症の男のせいにしているのだろう。

彼は昨日何をしたか忘れてしまうような男ですからね。そうだろ?

彼がどこへ行こうとしていたかも忘れてしまうし、歩き始めてもそのまま忘れてしまう、そんな男だ。だから、どうなるかわからないんだ。

しかし、これはワシントンDCで流れている噂ですが、彼らは来月、彼が大統領になるための準備をしているそうです。そうなんだ 来月、12月。

 

S: 12月、そうですよね、もし何かが起こるとしたら、おそらく12月に起こるだろうとおっしゃっていましたから。

 

K: そうです。

 

S: そうなんですね、面白いですね、明日は大きな日なので、その光になるかもしれませんね。

 

K: エンターテイメントの日曜日(*2022.11.11.現在)は、私たちのためにスニークを手に入れるそうですね。

 

 (以下省略、終わり.)

 

 

 

 




TOPへ ↑ 戻る